3Sとは 5S(3S)とは

5Sとは~5S活動を成功に導くために

投稿日:

LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

5S活動とは

5S活動とは

5Sとは「整理・整頓・清掃・清潔・しつけ」の頭文字「S」五つを取った略語。

5S活動は、日本の製造業が発祥の取り組みで、特に大手の製造業などでは、厳しく指導されている会社が数多くあります。
 
 
それぞれの「S」には、以下のような意味合いがあります。
 
 

 

  • 整理
    必要な物と不要な物を分け、不要なものを捨てること
  • 整頓
    必要なモノを、いつでも、誰にでも、すぐに取り出せる状態にすること
  • 清掃
    ゴミや汚れがない、ピカピカの状態を維持すること
  • 清潔
    上記の整理・整頓・整頓の3Sが保たれている状態
  • しつけ
    3Sを習慣化し、決められた事を守れる風土になっている状態

 

 
 

5S活動は単なる「お片付け、お掃除」の活動ではありません。

掲げて注意喚起を促すだけのスローガンでもありません。
 
 
この5S活動の特徴は、とにかく「徹底する」ところにあります。
 
 
「気がついたらやる」とか、「気を付けましょう」というような生易しいものではありません。

五つのSを、時間、労力、コストをかけて徹底的に実践していく

これが5S活動です。
 
 

5S活動を行う意味

 
「5S活動やってます」とおっしゃる会社はたくさんありますが、5S活動が必要な本当の理由を理解せずに行っている会社がけっこうあります。
 
 
そういう会社では、「5S活動を行う意味や目的をきっちり説明できる人」がおらず、多くの場合、「ただただモノをきれいに片づける活動」になっていたり、「5S活動自体が目的」になっていたりします。

5S活動は手段であって、目的ではありません。
 
 
 
5S活動の目的は、「安全」「効率的」「快適」な職場を作ることです。
 
 
まず、「整理」では必要なモノ、不要なモノのルールを決め、不要なモノが増えない仕組みを作ります。

「整頓」では、モノの置き方や量のルールを決め、標示をして誰にでも分かるようにするなど、常にモノが使いやすい状態を作ります。

そして「清掃」では、清掃場所や清掃方法、いつ誰が行うなどのルールを決め、綺麗な状態を維持できる仕組みを作ります。
 
 
これら「3S」を継続的に行っていくことで
 
 
・ケガや労災事故のない「安全な職場」

・時間やお金や作業にムダのない「効率的な職場」

・心身ともにストレスのない「快適な職場」
 
 
が実現します。
 
これが5Sの「清潔」の状態。
 
 
 
そして、これらの先にあるのが5S活動の真の目的

「ルールを守れる風土を作ること」

です。
 
 
 
上記のように、5S活動を徹底するということは、全員が決めた通りに整理整頓を行い、決めたとおりに清掃を行っていくということ。

会社全体でこれ継続的に実践していけば、会社は自ずと「ルールを守れる風土」に変わっていきます。
 
 
これが5Sの最後の「しつけ」にあたります。
 
 
 

5S活動によるQDCの向上

 
5S活動は先に述べたように「安全」「効率的」「快適」な職場になるという効果があるのですが、の延長線上には様々なメリットがあります。
 
 
特に分かりやすいのが、QDC(品質・納期・コスト)の向上です。
 
 
5Sで改善活動を進めて行くと、業務上のムリ・ムダ・ムラがなくなってきます。
 
 
すると作業者のストレスや身体的負担が軽減され、集中力も向上します。
また清掃による日常点検を習慣化すれば、機械などの不備を早期に気づけるようになります。
 
 
結果ミスが減るので品質が上がります。

業務が効率的になれば生産性が高まり、必然的に納期は早まります。

そして、そういった色んなムダがなくなっていけば結果的に色んなコストがかからなくなります。
 
 

5S活動による人材育成効果

 
 
5S活動を行っていくと、会社は「ルールを守れる風土」に変わっていきます。
 
 
しかし、それはただ単純に「社員がルールを守れる人になる」というだけではありません。

活動を行うプロセスで社員の感性はどんどん磨かれていくのです。
 
 
 

1.「気づく力」が養われる

5S活動は、まず自分たちの職場の「どこが問題なのか?」を観察することから始まります。
  
・なぜ乱れているのか?
・なぜ物が多いのか?
・なぜそれがそこに置かれているのか?
・なぜこんなにたくさんあるのか?
・なぜそれは必要なのか?
・なぜ清掃していないのか?
・なぜ非効率なのか?
・なぜルールが守れないのか?

定期的に観察をして、この「なぜ?」を繰り返していくことで、だんだんと細かいとこにで「なぜ?」が及び、気づくことが増えてきます。

このプロセスで着々と社員の感性が磨かれていきます。
 
 
 

2.PDCAが身に付く

観察で「なぜ?」を集めたら、次に行うのが話し合いです。

全員でそれらの問題を突き詰めて、改善策を話し合います。

そして計画を立て、実行します。
 
 
実行したらそれで終わりではありません。

上手くいったかどうかを振返って検証します。

上手くいかなかった場合は「なぜ上手くいかなかったのか?」をまた話し合います。
 
 
そして対策を立て、計画し、実行…これを繰り返す。

このプロセスを通して自然とPDCAサイクルを体得することができます。
 
 

3.自主性が育つ

改善活動を回を重ねるごとに社員たちは

・どうすればもっと早くなるのか?
・どうすればもっと楽になるのか?
・どうすればもっときれいになるのか?
・どうすれば汚れないのか?

と考えるようになり、「よりよい方法を求めた改善活動」に変わっていきます。

このプロセスで社員たちに、自然と問題解決の思考がつき始め、どんどんと自主的に考え、行動するようになります。
 
 

4.ホウレンソウができるようになる

話し合うということを繰り返し経験するとこで、徐々に発言する回数も増え、コミュニケーション不足も解消されます。

そして報告・連絡・相談もできるようになってきます。
 
 
 
このように5S活動のプロセスを通して、人材が育ち、それが風土改革に繋がっていくのです。
 
 
結局、会社組織は人で成り立っています。

組織を変えていくには、一人ひとりの小さな習慣を変えていく必要があるのです。
 
 
 

5S活動が上手くいかない理由

上記の理由などからも、5S活動が社員を変えて、風土を変えていくということはお分かりいただけたと思います。
 
 
 
しかし、5S活動は「しつけのためだから」ということで、社員のしつけを目的に活動を取り入れている会社がありますが、これは要注意です。
 
 
5S活動は押し付けるものではありません。

5S活動は基本的に「全社員で取り組む」ものです。
 
 
よくQ&Aサイトなどで、5S活動の委員会に任命された若い社員が、

「5Sのスローガンを考えてこいと言われたのですが、考えつきません。何かよい案はありますか?」

と言った内容の質問をしているのを見かけます。
 
 
関係のない他人が考えたスローガンに何の意味もなく、こんな活動が絶対に上手くいくはずがありません。
 
 
 
「5S活動は教育だから、しつけだから」と、下の社員にだけやらせて、自分たちは見ているだけでは、活動は長続きせず、風土改革にはなりません。
 
 
 
例えば、5S活動のために決めたルールも、上の管理層が守っていないと、「あの人がやっていないから、自分もやらなくていい」と考える社員がでてきます。

また、自分たちが一生懸命やっているのに、「あの人たちがルールを破っている」という不満になり、活動がバカバカしくなってきてしまいます。
 
 
結局考えた活動を維持するできません。
 
 
 
社員たちは、必ず社長や上司の後ろ姿を見ています。

上が頑張っていると、社員たちは頑張らざるを得なくなります。
 
 
社長を含む全ての社員が、ひとつの例外もなく、小さなルールからきっちり守っていく。

これが会社の良き風土を形成していく元となるのです。
 
 
 

5S活動を成功させるために

本記事のまとめとなりますが、5S活動を成功させるコツは、

 
・「全員参加で行う」こと

・場当たり的ではなく、計画的に行うこと

・活動を振り返り、改善策を話し合う機会を定期的に持つこと

・全員でルールを決めて、それを役職や立場関係なく、全員で守ること
 

これらを前提に「整理・整頓・清掃」のS3活動を順番に徹底して行うことです。
 
 
 
初めにも書きましたが、重要なのは「徹底」です。

中途半端では、長続きしません。
 
 
成功するためには、経営者様の覚悟が必要です。
 
 
 
私たちスマイルシステムサポートでも、3S活動のコンサル依頼をお受けする時に、社長の覚悟をしっかり確かめてからお引き受けします。

活動にはしっかり社長様にも参加していただきます。
 
 
もし社長自身に「絶対に変える!」という覚悟や、参加の意思がないようですと、絶対に会社に浸透はしないので、その場合お断りさせて頂いています。
 
 
 
以上が、5S活動成功の鍵となります。

もし御社で5S活動に取り組まれる際は、ぜひ覚悟をお持ちになり、計画的に行って下さい。
 
 
 
社員一人ひとりが自主的に動く会社を3S活動で実現!
社内改革したい二代目社長様の為の無料個別セミナー 

「本気で人材育成したい!」
「本気でコストを削減したい!」
そんな全国の中小企業の経営者様!
ご連絡をお待ちしています!

Smile System Support - 整理整頓から人材育成 -
営業時間:8:00~19:00
定休日:日曜日・祝日
WEBサイト:http://smilehousekeeping.com
ブログ:http://smilehousekeeping.com/blog/
facebookページ:https://facebook.com/osMeisterSmile/
Twitter:https://twitter.com/osmeistersmile

継続する仕組みを作る5S活動pdf

-3Sとは, 5S(3S)とは
-, , , , , , , , , ,

Copyright© スマイル通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.