5S活動 5Sとは(3Sとは) 5s活動のコツ

5Sとは?最初に知るべき5S活動の意味・目的と進め方の順番

更新日:

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

5S活動の意味・定義と真の目的

5Sの意味・定義

まず5S活動とは何かについてご説明します。

5S活動とは、主に会社や医療機関で行われる改善活動、およびその考え方のことです。
その名称は整理・整頓・清掃・清潔・躾(しつけ)の5つの頭文字Sを取って名づけられました。

この5つのSには、それぞれ重要な意味があります。

 

5Sそれぞれの意味と順番の大切さ

整理(Seiri)

5S活動でまず最初に行うのが「整理」です。

 

5Sにおける「整理」とは、必要なモノと不要なモノとを分類し、不要なものを徹底して処分することです。

整理と言うと、「きれいに整える」といったニュアンスでイメージされる方が多いのですが、重要なのはしっかりと「処分すること」です。

必要なモノと不要なモノが混在している状態は、スペースのムダや探しモノのムダ、間違えたり、余計な作業を増やす原因となり、業務効率を著しく低下させてしまいます。

 

5S活動を行う際には、一番最初に徹底的に整理を行いましょう。

ここが徹底されているかどうかで、その後の整頓・清掃が上手くいくかどうかが変わってきます。

「職場に不要なモノがない」状態にすることが最も理想的な状態です。

 

整頓(Seiton)

整理が終わったら次に行うのが「整頓」です。

5Sにおける「整頓」とは、必要なモノをいつでも、誰でもすぐに取り出せるようにすることです。

 

大切なのはあくまで「すぐに見つかる」「すぐに取り出せる」ことであり、綺麗にすることではありません。

5S活動をやっていると、綺麗に囚われるあまり、逆に見つけにくい・取りにくい状態にしてしまうことも少なくありません。

それでは本末転倒です。

 

「どうすればより取りやすくなるか?」「どうすればもっと早く作業ができるだろうか?」ということに知恵を絞り、何度も改善していくことが重要です。

 

そして、しっかり整頓ができたら清掃に進みましょう。

整頓がしっかり出来ている状態と、そうでない状態では清掃の効率が違います。

 

例えば以下の二つの写真ではどちらが清掃しやすいでしょうか?

床にコードを這わせない

コードの整理

整頓されているだけで、清掃はしやすく、清掃時間も短くなるのが分かると思います。

このように、清掃の前にきっちりと整頓を行っておくことはとても重要です。

 

 

清掃(Seisou)

整頓が終わったら次に行うのが「清掃」です。

5Sにおける「清掃」とは、ゴミや汚れがないピカピカな状態を維持することです。

ただ綺麗にするだけではなく、しっかりと維持できる仕組み作りが重要です。

 

そのためには、「どれくらい綺麗にするか」という基準を社内でしっかり統一し、「いつ誰がどのように清掃するか」ルール化することから始めます。

 

清掃には点検の意味も含まれており、日々同じきれいな状態を維持することによって、機械の不備・異常に気づきやすくなります。

これによって日常的に社内の安全性を高めることができます。

 

 

清潔(Seiketsu)

清掃の次が「清潔」です。

5Sにおける「清潔」とは、ここまでの3S(整理・整頓・清掃)を標準化し、維持することです。

 

整理され、整頓され、清掃され、綺麗で働きやすい環境を、人が入れ替わっても維持継続できるようするためには、標準化することが大切になってきます。

「ルールを決めて、全社員で徹底して守っていくこと」

これこそが5S活動の本質です。

 

躾(Shitsuke)

清潔の次が「躾(しつけ)」です。

 

5Sにおける「躾」とは、清潔のプロセスで標準化された3Sのルールがしっかりと守られ、習慣化された状態です。

 

「しつけ」という言葉から、「教育」や「ルールを守らせる」といったニュアンスに誤解されがちです。

しかし本来は、3S活動の徹底した継続の積み重ねで、社内の誰もが意識しなくても、注意されなくても、当たり前にできている状態になっていることが最も理想的です。

 

強制は必ず反発を生み、やらされ感が付きまといます。

大切なのは、社員全員が前向きに自主的に行動できる状態です。

そのためには、全員で話し合って計画し、改善を積み重ねていくことがとても重要になってきます。

 

 

 

5S活動が目指す本当の目的

ここまでは5Sの意味・定義をお伝えしてきました。

ここからは5S活動が目指すべき真の目的についてお伝えします。

 

5S活動が続かない大きな理由の一つが、「5Sの目的を理解していないこと」です。

ただの片付けや、きれいにするだけの活動では、なかなかモチベーションを維持することができません。

 

5Sは手段であり、目的ではありません。

何のために5Sを行うのかしっかりと目的を明確にし、「自分たちにとって大切な活動なんだ」と理解することが活動を続けていく上でとても大切です。

 

5Sの目的

5S活動には主な3つの目的があります。

それが「安全」「効率的」「快適」な職場を創ることです。

5S活動の目的は安全・効率的・快適

「安全な職場」

社員さんにたちにとって一番大事なのは、事故なく健康に働ける環境です。

怪我や病気になってしまうと働くことができなくなってしまいます。

 

5S活動では、まず労災事故なく、安全に働ける環境を作ることを目的に行います。

 

効率的な職場

整頓の段落でも書きましたが、モノを綺麗に整えても、見つけにくかったり、使いにくくなってしまうと意味がありません。

また、無理な姿勢での作業によって体を壊してしまうこともあります。

 

こういったことを無くし、働く社員さんたちにとって、より楽に作業できること、より素早く作業できること、そして、全てにおいてムダ・ロスがない状態を目指すことが大切です。

これが二つ目の5S活動が目指す目的です。

 

快適な職場

働く社員さんたちにとって、物理的にだけでなく、精神的にも快適だと感じられる職場環境づくりが大切です。

そのためには、清潔を維持することは欠かせません。

また、活動を通して社員同士しっかりとコミュニケーションを取り、社内の風通しを良くするということも5Sの大きな役割の一つです。

 

5Sの本当の目的

ここまででお伝えした5Sの目的も、もちろん重要な目的なのですが、その根幹に、もっと大切な本当の目的があります。

それは社員全員が「決めたことを守れる」という風土を創ることです。

 

先にもお伝えしましたが、5Sのステップの最終段階である「躾」は「社内の誰もが意識しなくても、注意されなくても、当たり前にできている状態」です。

これは立場・役職関係なく、その会社の全社員が無意識にルールが守れている状態のことです。

 

これを目指して取り組みを重ねていくことにより、少しずつ社員の意識が変化してきます。

しっかりとルールを守れるようになるということだけではなく、これまで気づかなかったことに気づけるようなったり、自主的に発言・提案できるようになったり、挨拶や報連相が当たり前にできるようになったりと、5S以外のことでも社員の意識に変化が表れます。

 

それによって少しずつ会社の風土が変化し、組織が活性化し、業務効率が上がり、儲かる企業体質に変わってきます。

社員は働きやすく、会社の売上も上がっていく、もっとも理想的な状態に近づいていきます。

 

これが5Sの本当の目的であり、最大のメリットです。

 

5Sに取り組む際は、必ず意味・目的を社員全員が理解することが大切です。

そして、社員さん一人ひとりが自分にとってのメリットを感じながら活動できるようにすることが継続するためのポイントとなります。

 

メルマガバナー記事下

-5S活動, 5Sとは(3Sとは), 5s活動のコツ

Copyright© 職場の整理整頓.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.