整理(2)会社整理どこから始めたら…の強い味方「赤札」!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`fc2` not found]

整理・整頓・清掃から
社員の「気づく力、考える力、解決する力」が育つ
社内風土作りをサポートする会社 Smile

の宇江です。
 
 
以前の記事で
5S活動(3S活動)を行うときはまず「整理」から
ご紹介しました。
 
整理とはまず
要らないモノを徹底的に捨てましょう
ということです。
 
 
そして捨てきった後、
やっと「整頓」のステップに入っていきます。
物が多い状態ではベストなモノの配置はできません。
 
ですので、
まずは整理を行って下さい。
 
 
 
  
と、言われても…
 
 
どこから手を付けていいかわからない…
 
 
そんな声をよく聞きます。

モノが多ければ多いほど
どこから手を付けていいかわからなくなります。

そして、
3S活動を取り入れようとしたものの
何から手を付けていいか分からないと
社員さん達のモチベーションは一気に下がります。
 
 
 
 
 
そこで今日は
会社の整理を最も効率的に行うための手法
強力な助っ人ををご紹介します!
 
 
その名も
 
 
「赤札」
 
あなたの会社を3S活動で組織改革!
社内改革したい二代目社長様の為の無料個別セミナー

赤札の利用

「赤札」

聞いたことがある方も多いと思います。
 
 
こういったスタイルの赤い紙です。

赤札 3s 5s 活動

こちらからダウンロードしていただけます。
赤札PDFファイルダウンロード 
 
 
 
これを「不要かも?」と思われるものに
ペタペタと貼っていきます。
 
赤札 3s 5s 活動
 
 
 
印刷して誰でもすぐ使えるように
配置しておきましょう。

赤札 3s 5s 活動
 
 
 
 

赤札のメリット

赤札を行うメリットは
不要なモノを「見える化」できること。
 
 
 
赤札を貼ってしまえば
「ここに要らないモノがある!」
ということを全員が解ります。
 
 
 
この「見える化」
3S活動(5S活動)を行う上で何度も出てくる重要ワードです。
 
 
業務を効率化したり、問題を発見したりするのに
多大なる役割を果たします!
 
 
「見える化」なしに3S活動は成立しないでしょう。
それほど重要なことです。
 
 
 

赤札利用のポイント

この赤札を貼る上で大事なのが

「処置期限」

です。
 
 
 
しっかりと期限を決めないと
赤い紙はただの風景になってしまいます。
 
 
 
期限を決めて、
「いつまでに処置をする」
というのをはっきり決めて下さい。
 
 
3S活動とはルールを守るという習慣の積み重ね。

ここを疎かにすると3S活動は企画倒れになります。
 
 
貼ったモノでも利用した場合は必要なモノですので、
赤札を剥がし、必要なモノと分類してください。
 
 

期限を守ること

 
 
赤札に記した処置期限が来たら
放置せず、処置を行ってください。
 
 
もしその時点で判断できなければ、
期限を延ばしましょう。
 
 
 
ルールを曲げて例外を作らないように!
 
例外が生まれたらルールを変えて、
全員が守れるようにしましょう!
 
 
 
 
ルールを守るのは3S活動の基本中の基本です!
 
 
もしあなたの会社で
3S活動を始めようとしているけど
どこから手を付けていいかわからない

という場合は
まず赤札から始めてみて下さい。
 
 
 
整理がしっかり進んで、
不要なモノがなくなってきたら
やっと整頓のステップです!

「整頓は整理が終わってから!」  

あなたの会社を3S活動で組織改革!
社内改革したい二代目社長様の為の無料個別セミナー
 
 
 
「本気で人材育成したい!」
「本気でコストを削減したい!」
そんな全国の中小企業の経営者様!
ご連絡をお待ちしています!

Smile スマイル-整理整頓から業務改善へ
営業時間:8:00~19:00
定休日:日曜日・祝日
WEBサイト:http://smilehousekeeping.com
ブログ:http://smilehousekeeping.com/blog/
facebookページ:https://facebook.com/osMeisterSmile/
Twitter:https://twitter.com/osmeistersmile

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です