勝井鋼業株式会社様の5S活動記録②~活動7ヶ月から11ヶ月まで

2019年5月15日5S活動事例,勝井鋼業 様

 

勝井鋼業株式会社様の5S活動(3S活動)コンサルティング記録です。 

今回は、活動開始7ヶ月から11ヶ月目までの記録です。

 

勝井鋼業様は、東大阪にてエアーツール部品の機械加工および製品組立などの業務をされている会社様です。  

勝井鋼業外観

前回の活動1ヶ月から6ヶ月までの記事はこちら

 

2017年8月 5S活動7ヶ月 ~KPT法で5S活動振り返り~

この一ヶ月もコツコツ活動を頑張って来られました。

 

作業指示書を二種類作り分かりやすく分類してしっかり標示。

 

ロッカーには、中身がわかるように外側にロッカー内のマップを表示

勝井鋼業 ロッカー表示

新入社員でも一目でわかります。

 

整理が苦手な古参社員さんは「ドリルを1日5本サイズごとに分類する」というルールを決めて、毎日コツコツ継続して下さっています。

勝井鋼業 ドリル整理 3s

一日5本も積み重ねるとすごいですね!

 

8回目となる今回の5S講座では、「KPT法」による5S活動の振り替えりをして頂きました。

勝井鋼業 KPT

新たな課題に対して、議論も盛り上がりました。

最初に比べると発言数が増えています!

 

2017年9月 5S活動8ヶ月

前回からのひと月で活動も随分進みました。

忙しいとはおっしゃりながら、かなり前進しています!

 

掃除用具やゴミ場などへ標示。

掃除道具 勝井鋼業 3s

定位置に戻る仕組みです。

 

場所へ標示。

勝井鋼業 標識 3s

 

各所への区画線も増えました。

勝井鋼業 区画線 3s

勝井鋼業 区画線 3s

 

工具も少しずつ姿絵で定位置化

姿絵 工具 勝井鋼業 3S

 

モノが減ったこともあってか、全体的な場所の雰囲気も明るくなりました。

部署ごとに活動の進み具合に差はあるのですが、それが互いの刺激にもなっているようです。

 

講座の後半では、仕掛品や納品する商品の置き場についての話合いが展開されました。

業務の能率に大きくかかわる定位置決めについては、いろんな意見が交わされました。

作業効率も日々向上しておられます。

 

2017年11月 5S活動10ヶ月 ~改善の可能性に気づくレゴワーク~

今月もたくさんの改善がありました。

 

一部ですが紹介します。

事務所ではコード類の整頓が行われました。

勝井鋼業3Sコード類

見栄えよく、足元のコードに関しては、ひっかけてつまずくリスクもなくなり、掃除がしやすくなったそうです。

些細なことですが作業効率が上がるんですね。

 

 

今日の講座は生産効率を考えるレゴワークでした。

勝井鋼業 3s レゴワーク

いつも消極な方も、熱心に取り組んで下さいました。

とても性格が出て、楽しいワークとなりました。
 
 
勝井鋼業 レゴ

今回も色んなアイデアが出て、とても記録的なタイムが出ました。

業務改善に関する自分たちのポテンシャルを実感されたのではないかと思います。
 

 
 
講座の後は社員さんからの要望で「5Sのルール」に関する会議の時間を設けました。

 

次回でコンサルが最終回になるということで、3Sリーダー主導で今後の3Sの進め方についての話し合いがなされました。

リーダーが率先し、積極的に取り組み、定着してきているのが目に見えて分かります♪

勝井鋼業 3S 会議
 

次回は最終回!

これまでの活動を振り返り、各チームリーダーがそれを紹介するプレゼン大会です。

 

2017年12月 5S活動11ヶ月~3S活動での効果と成長が伝わるプレゼン大会~

今回は一年間の5S活動の締めくくりとして、これまでの活動を振り返って5S活動のプレゼン大会を行いました。 
 
勝井鋼業 3s活動プレゼン

部署ごと4チームでのプレゼンです。

各チームのリーダーから、一年間の活動のプロセスと、その成果や効果などを発表していただきました。

どのチームの一年間の成果と成長がひしひしと伝わってくる素敵なプレゼンでした。

 

最初は5Sについて、右も左もわからない状態から始まり、言われるままに毎月の宿題に取り組んでいる状態でした。

少しずつ自分たちで考え、話し合いを重ねながら業務改善についての問題にも取り組んでこられました。

 

忙しい時期や、活動の負担が偏ることもありましたが、止まることなく小さな前進でも、活動を続けて来られたのが分かりました。

 

その中で着実に5S活動の効果を実感し、その本質についての気づきもたくさんありました。

整頓によって多くのムダがなくなり、かなりの時間短縮の成果がでたのがわかりました。

 

プレゼンの後に、全員で1年の活動を振り返り、2年目の活動についての話し合いをしてもらったのですが、「3Sのための3Sになっていないか!?という観点を持つ必要がある」というとても重要な意見が出ました。
 
そして「ただ綺麗にするだけの活動ではなく、何のための活動なのかもう一度見つめなおし自分たちにとって価値のあるオリジナルの3S活動にしていく必要がある」という意見が挙がりました。

 

 

一年間の活動を通して、皆さんが成長し、会社の風土に変化が起きたことを実感できるとても感動的なプレゼンでした。

勝井鋼業の皆さん、一年間お疲れ様でした。

 

次年度も頑張っていきましょう!!

 

勝井鋼業様の他の記事はこちらです。

メルマガバナー記事下