3S活動(5S活動)の「整理」「整頓」「清掃」それぞれのメリット

LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

3S整理整頓清掃のメリット

 

5S活動には「会社を綺麗にする」だけでなく、数え切れないほどの様々なメリットがあります。

今回はその5S活動のメリットについて、その中でも特に重要な3活動のメリットについて細かくご紹介していきます。

 

5S活動(3S活動)とは

5S活動は製造業や病院などで取り組まれている職場環境を整える活動で、「整理、整頓、清掃、清潔、しつけ」の活動のことです。

この5Sには一つひとつしっかりと意味があります。

 

  1. 整理
    要るモノと、要らないモノを分類し、要らないものを捨てること
  2. 整頓
    要るモノを、誰にでも、すぐに取り出せるようにすること
  3. 清掃
    ゴミや汚れがない綺麗な状態を維持すること
  4. 清潔
    3S(整理・整頓・整頓)が維持されている状態
  5. しつけ
    3Sが定着し、決められたことを守れる風土になっている状態

 

この活動は日本の製造業から生まれ、現在では多く企業さんが取り入れておられ、特に大手の製造業などでは、厳しく指導されている会社が数多くあります。

また、海外からも注目が集まっています。

 

よくご存じのない方は、5S活動はなんとなく「お片付け、お掃除の活動」だと認識されていますが、目的は全然違っています。

5S活動は、「安全」「快適」「効率的」な職場環境、つまり働く人にとってより働きやすい環境を作っていく活動です。

 

3S活動から5S活動へ

 

5S活動はまず「整理」から徹底的に行い、「整頓」「清掃」へと活動を広げてゆきます。

この最初の整理・整頓・清掃の3項目は3S活動と呼ばれ、5S活動の基礎になります。

 

3S活動を標準化することで「清潔」状態が達成され、それが習慣化することで「躾」の状態、つまり全員がルールを守れる風土に生まれ変わります。

つまり3S活動を徹底的に行うことが、5Sに繋がるということです。

 

さて、それではその3S活動にはそれぞれどんな意味があるのか?そのメリットを見ていきましょう。

 

3S「整理」のメリット

整理とは「必要なモノと不要なモノを分けて、不要なモノを徹底的に処分すること」

 

3S活動で最初に行うのは「整理」です。

5S活動(3S活動)で失敗しないためには必ず「整理」から行ってください!

 

この整理を行うと、会社内のモノが確実に減ります。

モノが減れば、その分スペースのムダが削減できます。

 

スペースには必ず「家賃」が発生しています。

同じスペースでも不要なモノを置くのか、生産的な空間として生かすのかで、その価値は変わってきます。

あなたの会社では要らないモノのスペースに家賃を払っていないでしょうか?

 

社内のひと区画に家賃を意識することはあまりないかもしれませんが、例えばモノを置くためだけに借りていた倉庫を減らすことができれば、家賃にかかるコストを浮かせることができます。

 

また、モノがギュウギュウの環境は物理的に働きにくくなり効率が落ちる上に、精神的にも窮屈になってきます。

さらにスペースが足りず、積み上げ収納にすると、地震などの時に落下するなど、二次災害の原因になり、反対に床に直置きしてしまうと、つまづいて怪我、事故の原因にもなります。

 

つまり、「整理」をすることで、スペースのムダを無くし、物理的にも、精神的にも働きやすい環境になり、社内の安全性を高めることに繋がります。

 

私たちが3S活動のコンサルティングで担当会社様に整理で赤札作戦に取り組んでもらうと、必ず社員さんから「思っていた以上に要らないモノがたくさんあることに気づいた」という感想が出ます。

(5S活動って何から始めたらいいの?迷ったら貼るだけ必殺「赤札」)

 

あなたの会社にも、おそらく思っているよりも要らないモノがあり、それを処分するだけで、環境はとても改善されるでしょう。

 

 

 

「整理」のプロセスで大事なのは、ルールを決めて、モノが増えない仕組みを作ることです。

 

整理をしたとしても放っておけば、モノは必ずまたどんどん溜まってきます。

そうならないようにするためには、「これは捨てる・これはいつまで置いておく」という風に、モノ一つひとつに捨てる基準(ルール)を決めることが大事です。

 

そうやって、整理された状態が、維持できる仕組みを作るところまでが、3S活動で行う「整理」となります。

 

3S「整頓」のメリット

整理の次に行うのが「整頓」です。

整頓とは「必要なモノを必要な時に、誰でもすぐに取り出せるようにすること」

 

この整頓による一番のメリットは業務効率の向上です。

 

必要なモノが、誰でもすぐに取り出せるようになれば、様々なムダが削減できます。

 

例えば「探す」という時間。

会社では多くの「探しモノ」が存在します。

従業員の方に日々探しモノががあるかのアンケートを取ってみて頂くと、意外に探しモノが多いことに気づかれると思います。

 

例えば、会社の月の稼働日数が20日間だった場合、社員が1日10分探しモノをしただけで、月に3時間20分探しモノに時間を使ったことになります。

年間にすると1人40時間。

これにあなたの会社の従業員数をかけてみると...

 

少しの探しモノも積み上がると、恐ろしい時間を人件費に費やしてしまうことがわかります。

整頓はいわば、この「探すムダ」をなくす作業です。

 

この探しモノというのは所定の場所にあっても起こります。

新入社員が、モノの場所が分からず先輩社員に聞いてくることが必ずありますね。

整頓によって「聞かなくても誰でもすぐにわかる」状態を作ることで、「探す」+「教える」という時間のムダ(人件費)を無くすことができるのです。

 

「整頓」のメリットはこれだけではありません。

3S活動で行う整頓では、「使いやすさ」も追及しますので、モノの置き方や、作業動線なども工夫していきます。

 

これによって、多くの動作のムダがなくなります。

突き詰めれば作業工程のムダ、ボトルネックも発見することができ、大きなコストダウンにもつながります。

 

動作のムダがなくなれば、作業者の身体的負担も減ります。

すると作業効率が上がって時間のムダが削減され、 納期が早まることも期待できます。

 

さらに品質は向上し、不良品率は低下します。

数の管理も徹底することで過剰在庫、過剰な発注といったムダも未然に防ぐことができます。

 

これらが整頓の大きなメリットです。

 

 

3S「清掃」のメリット

整理・整頓のあと、仕上げに行うのが「清掃」です。

清掃とは、「ゴミや汚れがないピカピカな状態を維持すること」。

 

 

清掃を行うメリットは、やはり衛生面の向上です。

衛生面の向上は品質の向上にもつながります。

 

また、綺麗な職場環境は従業員の精神衛生面も向上させます。

この会社の環境というは、会社の風紀にも関わってきます。

 

 

「割れ窓理論」という考え方があります。

これは、割れた窓を放置すると犯罪者が「ここは防犯に配慮していない」と考えて犯罪が増えるという理論です。

 

ニューヨークでは、地下鉄の「落書き」を徹底的に清掃することで、地下鉄内での他の犯罪まで減少させることに成功したという実例があります。

また、ディズニーランド(シー)では、園内の小さな損傷も徹底的に修繕を行うことで、従業員に限らず、お客さんのマナーも向上させることができたそうです。

 

それほど環境が人に与える影響は大きく、会社の清掃を習慣にすることは衛生面だけでなく、会社の風紀を良くする意味でも大きくメリットがあることがわかります。

 

また、3Sの清掃には、「点検」の意味合いも含まれています。

定期的に清掃を実施することで、設備の異常などに気づきやすくなるのです。

 

これを徹底していくことで、職場は常に綺麗で、心身ともにストレスが減り、快適な環境を作り出すことができます。

また、日常から綺麗にしていれば、年末の大掃除も不要になってきます。

 

 

しかし、ただ「掃除をしましょう」では、このようなメリットはなかなか実現しません。

清掃はルールがなければ、どうしても人任せになってしまうからです。

 

そうならないために、3S活動で行う「清掃」では、職場を綺麗に保つ仕組みやルールを作ることから始めていきます。

 

5S活動によるQDCの向上

 
5S活動は先に述べたように「安全」「効率的」「快適」な職場になるという効果があるのですが、の延長線上にも様々なメリットがあります。

特に分かりやすいのが、QDC(品質・納期・コスト)の向上です。

 

5Sで改善活動を進めて行くと、業務上のムリ・ムダ・ムラがなくなってきます。

 

すると作業者の身体的負担、精神的負担が軽減され、集中力も向上してミスが減ります。

整頓から業務改善を続けていくと、次第に標準化が進みます。

また清掃による日常点検を習慣化すれば、機械などの不備を早期に気づけるようになります。

 

すると自然に品質が上がっていきます。

業務が効率的になれば生産性が高まり、必然的に納期は早まります。

そして、そういった色んなムダがなくなっていけば結果的に色んなコストがかからなくなります。

 

3Sが高める会社の信用

3S活動を取り入れて成果を出している会社は、他社からの目が変わってくることに気づきます。

いつも清潔で、整理整頓されている会社は、それだけで他社からの信用度は上がります。

 

仮に同じクオリティの同じ商品を作る2社があった場合、いつも綺麗で整っている会社と、いつも不衛生でモノが乱れている会社と、どちらの会社と取引されますか?

3Sで有名な山田製作所さんが「良い現場は、最高のセールスマンと言われているように、3S活動ができている会社というのは、それだけでお客様に良い印象を与え、会社自体がか営業してくれているのです。

 

さて、ここまではあくまで表面的なメリットです。

3S活動(5S活動)のメリットはこれだけではありません。

 

経営者様にはぜひ知っておいて欲しい5S活動のメリットをご紹介します。

経営者にあまり知られていない「5S活動の本当のメリット」とは

 

社員一人ひとりが自主的に動く会社を3S活動で実現!
社内改革したい二代目社長様の為の無料個別セミナー
スマイルシステムサポート公式サイトはこちら

更新日:

Copyright© スマイル5S通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.