スマイル5Sチャンネル最新動画

 

スマイル5Sチャンネル最新動画


「会社全体で5Sに取り組むための方法(5S活動成功の秘訣)」

5S活動 整理 整頓 清掃 躾(しつけ) 5s活動のコツ

5Sルールの作り方!5S活動の大半はルール作りである

投稿日:

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

5Sルールの決め方

多くの会社で5S活動の整理・整頓や清掃などができない原因を分析していったとき、たどり着く答えがあります。

その答えはルールが決まっていないからです。

 

5Sルールが決まっていないことの弊害

整理の場合

例えば「整理」の場合。
(①5Sで失敗しないためには必ず「整理」から始めましょう)

 

会社も家庭と同じで、放っておくと、モノはどんどん溜まっていきます。

必要なモノなら良いですが、要らないモノ、何年も使っていなくて、今後使われるかわからないモノ。

「いつか使うかも...」と言って、5年も10年も眠っているものが増えると、たちまちスペースは埋め尽くされます。

 

そして、モノが増えれば増えるほど探し物が多くなったりします。

書類の散らかったデスク

必要なモノだけを残して、要らないモノは処分していく、ということができれば、モノは溜まっていかないんですが、「モノを捨てる」という行為には心理的ハードルがかかってしまいます。

いつか使うかもしれない...と思うとなかなか捨てられないのが人情です。

 

でもそこを許してしまうと、際限なくモノが溜まってしまいます。

その結果、探し物が増えたり、スペースがなくなったり、非効率を生み、安全や快適さも低下させていきます。

 

そうならないために必要なのが「整理のルール」です。

整理のルールとは「何年間保管する」「何年使われなかったら処分する」というのを、はっきりと明確にしていくことです。

それによって、モノが増えない仕組みができます。

 

整頓の場合

整頓の場合ですと、例えば、モノの置き場所をしっかり考えて決めたわけではないけど、「成り行き上なんとなくそのあたり」で決まっている。

そういった会社さんは、けっこう多いように思います。

 

そうすると、

  • 使う人によって戻す場所が変わる
  • 使う人によって置き方が違う
  • 戻ってこない

ということが起こりやすくなります。

 

また「量のルール」がないと、特に消耗品などは、必要以上に在庫が余ってしまったり、逆に少なくて発注のタイミングが遅れたりしやすくなります。

こういったこともすべて「ルールを決める」ことで、解消され、快適にしていくことができます。

 

清掃の場合

清掃の場合も、「どの場所を、誰が、どのように、どれくらいまで綺麗に掃除をするのか」というルールを決めておかなければ、清掃活動と、綺麗な状態を継続することができません。

このように「ルールづくり」は、5Sに取り組む上での必要不可欠な基盤で、5S活動のほとんどが「ルールを決める作業」になります。

 

このルールをしっかり標準化して、全社員が習慣的に守っていくことが、5Sの最終ステップ「しつけ」につながります。

では、ルールをどうやって決めていくかを次の項目でお伝えしていきます。

 

5Sルールの作り方

5S会議、話し合い

まず5Sルールを決める上で一番大事なのは、利用者が全員で話し合って、みんなの合意の上で決めることです。

部署でのルールは部署全員で話し合って決めましょう。

そうしなければ、守らない人が出てきます。

 

整理や整頓の場合は、モノ一つ一つにルールを決めていきましょう。

処分の基準や、定位置、定方向、定量、使い方のルールなど、すべてのモノにルールを決めていってください。

 

すべてのモノとなると、モノが多い職場ではとても大変かも知れませんが、この積み重ねが5S活動です。

コツコツ進んでいけば、少しずつですが、必ず効率が上がっていることを実感できます!

 

 

ここでもう一つポイントです。

一度決めたルールでも、運用していくと、うまく機能しないことも出てきます。

その時は、もう一度話し合って、ルールを改善してください。

 

5S活動は改善の積み重ねです。

少し面倒に感じるかもしれませんが、そうすることで必ず快適な職場になっていきます。

ビデオ版絶対に定着させる5S活動セミナー

メルマガバナー記事下

-5S活動, 整理, 整頓, 清掃, 躾(しつけ), 5s活動のコツ
-,

Copyright© 5S活動ラボ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.