5S活動 整理

5S活動の進め方①5Sで失敗しないためには必ず「整理」から始めましょう

更新日:

LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

今回は5S活動の具体的な進め方についての記事です。

 

5S活動とは何か?5S活動の効果やメリットなどについてはこちらの記事を参考になさってください。

 

5S活動の整理とは

5S活動(3S活動)に登場する「整理」という言葉。

これには「要るモノ、要らないモノ、急がないモノを区分し、要らないモノを徹底的に捨てること」という意味があります。

整理 分類 区分

「整理」という言葉には、「散らかったものを理路整然と整える」というような意味合いもありますが、5S活動の整理でまず大事なのは「分類することと捨てること」です。

そして、もう一つ大事なのが、しっかり「捨てる基準」を決めて、ルール化することです。

 

5S活動はまず「整理」から始めて下さい

これから5S活動を始めようとする社員の方が、まず疑問に思うのは「何から始めればいいの?」ということではないでしょうか?

 

答えは「整理」です。

 

それは「要るモノと要らないモノが混在している状態」では、このあとの「整頓」が効率良くできないからです。

整頓は、モノをより使いやすくするプロセスです。

不要なモノがあると、「使いやすい状態」の障害になります。

 

 

例えば工具がこのような状態だとします。

工具の整理before

ここには、要るモノも要らないモノも混在しています。

この中から必要なモノを探すのにどれくらいの時間がかかるでしょうか?

 

小さいものほど見つけにくく、埋もれてしまうと必ず「探す」という行為(時間のムダ)が発生します。

 

 

ではこれを整理して、不要なモノを捨てます。

さらに急がないモノ(頻繁には使わなにモノ)も分けて除外し、本当に必要なモノだけにして、仮にこれくらいの量になったとします。

工具の整理after

整理前の状態と比べて、「必要なモノを取り出すまでの時間」にどれくらいの差がうまれるでしょうか?

 

モノは少なければ少ないほど使いやくなるんです。

不要なモノが混じっていると、本当に使いやすい状態は実現できません。

そして、整理が出来ていないと正しく、効率よく整頓や清掃することも出来ません。

 

そうならないためにも、5S活動(3S活動)に取り組まれる場合、まずは整理から、つまり会社から不要なモノを徹底的に無くすということから始めて下さい。

 

5S活動の「整理」の進め方

整理を行う際は、まず取り組むエリアを決めましょう。

モノが多い会社ほど整理に時間を要します。

まずは例えば引き出し1段や、棚の1段など、小さいエリアから始めていきましょう。

 

そこでモノを一つひとつ「必要なモノ」「要らないモノ」「急がないモノ」を分類していきます。

要る 要らない 急がない

モノ一つひとつに対してそれが本当に必要かどうかに向き合うことが重要です。

実際に整理を行ってみると、思っている以上に要らないモノがたくさんあることに気づくはずです。

 

赤札作戦

5S活動で「整理」を行う際に、よく使われるのが「赤札」です。

「不要かもしれない」と思われるモノに、使用期限などを書いた赤い紙をどんどん貼り付けていき、「不要なモノ」「不要かもしれないモノ」を見える化していく方法です。

 

これを赤札作戦といいます。

これを使えばとても効率的に「整理」を進めることができます。

 

具体的な方法などについては、こちらに詳しく書いておりますので、参考になさってください。

5S活動って何から始めたらいいの?迷ったら貼るだけ必殺「赤札」

 

 

整理が終わったら「整頓」に進みましょう!

→ 5S活動の進め方③整頓は誰でもできる簡単な3つのステップで完了!

 

 


「5S活動が続かない」「組織を変えたい」と悩むリーダー必見!
【限定20名】「絶対に定着させるスマイル式5S活動セミナー」
絶対に定着させる5Sセミナー

5S活動を浸透させるコツをマスターして、組織を改革してみませんか?

-5S活動, 整理
-, , ,

Copyright© 職場の整理整頓.com , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.