5S(3S)とは

自分しか使わない場所まで徹底して5S活動をする必要はあるのか?

更新日:

LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

作業員の男性

整理・整頓・清掃から【気づく力・考える力・解決する力】が育つ社風づくりをサポートする会社 Smile System Support

の代表・上石です。
 
 
 
5S活動のコンサルティングで訪問する会社の社員さんから、

「自分しか使わない場所まで、徹底して5Sをする必要があるのか?」

という疑問がよく出てきます。
 
 
 
自分しか使わない場所であれば、モノの位置は全て把握しているし、誰に不便もかけない。

確かに気持ちはわかります。

散らかっていても、自分しか使わなければ、支障がないと感じるかもしれません。
 
 
 
でもここで考えていただきたいことがあります。

そもそもなぜ5S活動をするのかということです。
 
 
 

なぜ5S活動をするのか

5S活動はただ整理整頓して「職場を綺麗にしましょう」という活動ではありません。

より安全で、より効率的で、より快適で過ごしやすい職場環境を作ることが5S活動の役割です。
経営者様にもう一度確認していただきたい3S・5S意味と目的
 
 
 
たとえ自分しか使わない場所であっても、改善すればもっと生産効率をあげる方法は必ずあります。

「カイゼン」には終わりがありません。

あなたの会社が続く限り、続いていくものです。
 
 
 

「自分しか使わないから」という発想の本音

社員の本音

この「自分しか使わないから」という発言の裏には、「これまでやってきた慣れた環境を変えたくない」という変化に対する抵抗があります。
 
 
 
これまでやってきたやり方を変えるのは億劫で、面倒くさいと感じるものです。

「これで充分だ」と思い込んでしまっているので、改善のアイデアもなかなかでてきません。
 
 
 
しかしこの発想では、5S活動に限らず、新しいものを生み出したり、より善くしていくことができません。
 
 
 
人間は、頭も、心も、身体も、使わなければどんどん衰えていきます。

つまり現状維持とは退化を意味します。

物事を前進させ、発展させていくためには、常に「問い」を持つということがとても大切です。
 
 
 

常に問いを持つこと

問いを持つ

「もっと効率的になる方法はないだろうか?」

「もっと楽に仕事ができる方法はないだろうか?」
 
 
 
こういった発想を持つことが5S活動にとって大切で、それがより安全な職場、より効率的な職場を作っていきます。

それは5S活動に留まらず、組織・会社の発展に間違いなく繋がっていきます。
 
 
 
5S活動は、社員さんにそのような発想を鍛えてもらえるツールになるのです。
 
 
 
整理・整頓などは、大半の人は面倒くさく感じるものです。

本業以外の作業を増やされることに抵抗も生まれてきます。
 
 
 
しかし、もし仮に最初は面倒だと感じても、行動し、継続することでだんだんと成果は現れます。

成果を感じることが出来れば、「自分しか使わない場所まで、徹底して5Sをする意味」を必ず実感していただます。
 
 
 
モチベーションは行動することで生まれます。

まずはとにかく行動することです。
 
 
 
最初の一歩を踏み出しましょう!!
 
 
 
 
社員一人ひとりが自主的に動く会社を3S活動で実現!
社内改革したい二代目社長様の為の無料個別セミナー

スマイルシステムサポート公式サイトはこちら

継続する仕組みを作る5S活動pdf

-5S(3S)とは
-,

Copyright© スマイル通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.