人材育成

なぜこんな当たり前の事ができないの?ダメ社員で悩む前に考えること

更新日:

LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

経営者とダメ社員の価値観の違い

整理・整頓・清掃から
【気づく力・考える力・解決する力】が育つ社風づくりを
サポートする会社 Smile System Support

の代表・上石です。

 

経営者の会に参加して、

経営者同士で話していてよく耳にするのが、

・こんな当たり前のことがなぜできないんだろう?

・なぜもう少し考えてくれないんだろう?

・なぜ一つひとう確認しなければならないんだろう?

 

といった言葉。

どこの会社でも社員に関する悩みは尽きませんよね。

具体的な問題では次のような例がありましした。

 

・次の仕事が自分で考えられず、上司の指示があるまで動かない

・来客者に対して臨機応変に対応できない

 

なぜこんなことができないのか?
その原因も様々です。

 

・社員のスキル不足

・社員のモチベーションの低さ

・仕組みができていない

・当たり前の価値観が違う

 

など、思いつくことはたくさんありますが、最後に挙げた「当たり前の価値観が違う」という問題を解決すれば、随分悩みは解消すると思います。

人はそれぞれ先天的にも、育った環境でも価値観が違いますし、経営者と社員という立場でも価値観は全く違います。

 

例えば経営者の場合、経営の仕事のスキルを上げ、自社を発展させるために、進んで勉強会などに参加したり、本を読んだりされている方はけっこういらっしゃると思います。

でも社員はどうでしょうか?

 

自社で学ぶ機会がない限り、会社のために自ら進んで学ぶというモチベーションの高い社員は少ないと思います。

それゆえに、「経営者が当たり前と思う事」が、社員の中で当たり前ではないという現象が起こってしまいます。

 

この価値観をいかに共有していくかです。

 

価値観が共有出来ていないと何か問題が起きてから「なんでそんなことができないの?」とつい思ってしまうんです

問題が起きる前に少し考えてみてください。

 

あなたが社員に

「最低限やって欲しいこと」
「やって欲しくないこと」

なんとなくでは、頭の中にはあると思います。

 

そのなんとなく頭の中にあることをしっかり書き出しましょう。

そしてそれを社員に伝えましょう。

 

あなたがどう思ってのるか?あなたが思っている以上に社員には伝わっていません。

 

自分の価値観を社内にしっかり伝えていくことでそれが「共通の当たり前」になってきます。

まずはあなたの当たり前を書き出してみましょう♪

 

必ず今より進化したチームに変わっていきますよ。

 

5S活動成功の秘訣をもっと知る

完全無料で5S成功の極意を!メール講座

【完全無料】
5Sの基礎から定着まで
ステップアップで学べる

ゼロから始める5S成功メール講座



-人材育成
-,

Copyright© 職場の整理整頓.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.