大阪のモーター製造・販売の津川製作所様の5S活動(3S活動)の記録

2020年6月9日5S活動事例,津川製作所 様

津川製作所5S改善事例

 

本記事は、大阪でモーターを製造・販売されている株式会社津川製作所様の5S活動(3S活動)研修記録です。

 

2017年6月・5S活動を始めるにあたって社員個人面談

およそ30名の従業員の方一人ひとりに会社の現状などを伺い、これから行う5S活動(3S活動)取り組みについてご説明させて頂きました。

社内の整理整頓や作業効率について「何とかすべきだ」という思いはほとんどの方が共通してお持ちでした。

 

問題意識を持っておられるので時間はかかるかもしれませんが必ず改善はしていくはずです。

これから一年間少しずつ、皆さんにとってよい環境を作るお手伝いをさせていただきます。

 

2017年7月・4M分析で会社の5Sを見直す

本日は株式会社 津川製作所 様で5S活動がキックオフしました。

 

まずは、自社の問題点(主に3S「整理・整頓・清掃」の観点)を予め写真に収めてきていただき、今回はそれを元に4M分析を用いて、自社の現状分析をしていただきました。

前回の訪問時は社員全員に個人面談をおこなったのですが、その時はほとんどの方が共通して社内の「整理整頓」や「作業効率」に問題を感じておられました。

今回は改めて、どこがどのように問題なのかを改めて具体的に考えて分析。

 

一番多かった意見は、「モノが多くて整理が出来ていない」という問題点だったように思います。

 

要らないモノが多いと、それを最もベストな状態に配置・収納することができません。

すると、作業効率も悪くなり、余計な時間やコストがかかる原因になります。

 

5S活動は1にも2にもまず整理!

整理とは、要るモノと要らないモノを分けて、要らないモノを徹底的に処分していくこと。
(5S活動の進め方①5Sで失敗しないためには必ず「整理」から始めましょう)

次回からは早速「整理」の講座に入っていきます!

 

2017年8月・整理の講座

今回からは実際の活動としてまず「整理」からスタートです。

 

まずは前回からの1か月間の活動の報告をしてもらってから「整理」の講座。

整理考え方、正しい進め方やコツについてお伝えしました。

 

そのあとは、社員全員での社内点検。

みなさんには新たな視点で問題点、改善策を探し出してもらいました。

 

点検後は、それぞれが見つけた問題点について話し合い。

津川製作所 3s 整理 話合い

津川製作所 3s 整理 話合い

まずは「モノが多い」という意見が多く、それに対する改善策が話し合われました。

とても時間がかかりますが、これからこつこつ一歩ずつという感じです!

 

2017年9月・時間を作るのがなかなか難しい問題

5S活動(3S活動)をスタートさせて2ヶ月。

津川製作所様は、現在業務がかなりお忙しいようで、仕事5S活動の時間の取り方が課題になっていました。

なかなか活動が進まない様子です。

 

しかし、そんな中でも、少しずつ活動の意味や、必要性について理解して下さる社員さんが増えてきています。

 

講座後に行う社員全員での社内点検での「気づき」も増え。

また、それらを意見交換をすることで、社員さん達の中にも改善点・改善策が生まれてきています。

津川製作所5S改善事例
 

2017年10月・時間を作るのがなかなか難しい問題

前回の5S活動コンサルにお伺いしてからの一ヶ月間、バタバタと色々あって活動が進められなかったとのことでした。

しかし、そんな中でも一部の社員さんはしっかり宿題にも取り組んで、活動を進めて下さっていました。

 

会社の入口には掲示板が設置されていました。

津川製作所5S改善事例 津川製作所5S改善事例
 

 

事務所の方では不要な部品などに赤札を貼るなど、整理活動は進んでいます。

津川製作所5S改善事例
(5S活動って何から始めたらいいの?迷ったら貼るだけ必殺「赤札」)

今まで何となく「後で要るかも」と思ってたものがどんどん見える化してきました。

 

工場も少しずつですが、不要と判断されたものが処分され始めています!

津川製作所5S改善事例
 
そして、会社の見た目だけでなく、社員さんの取り組み姿にも変化を感じられました。 
 
 
まだまだ手の付けられていない所も多いのですが、モノが多いので「どこから手を付けていいのかわかならい」ようです。

まずはよく使うところから進めていってもらおうと思います。

メルマガバナー記事下