捨てられない社長の「いつか使うかも」は会社のコストの始まり

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`fc2` not found]

整理・整頓・清掃から
【気づく力・考える力・解決する力】が育つ社風づくりを
サポートする会社 Smile System Support

の宇江です。
 
 
 
モノが多くて整理が必要だ!というのはわかっているけど、

「どうしても捨てられない」

と、悩んでいる社長は結構多いです。
 
捨てられない社長

もっと言えばそれについて悩んでない社長はもっと多いでしょう。

もし「モノを減らさなきゃいけない」と気づいたとしたら

実はそれ、大きな一歩です。
 
 
 

日本人は捨てられない

 
 
日本人はそもそも「捨てられない」人が多いです。

それは「もったいない文化」だからです。
 
 
 
あなたも昔から

「モノは大切にしよう」

と教わってきたのではないでしょうか?
 
 
そして何かを捨てようとすると「もったいない」

と言われてきたことと思います。

「もったいないおばけ」なんてのもいましたね。
 
 
 
その結果モノを捨てるかどうかの決断に迫られた時に

このような「悪魔の囁き」が聞こえてきます。
 
 
 
「まだ使えるから」

「いつか必要になるかもしれない」

「高かったから」

「一生懸命作ったから」

「人からもらったものだから」
 

そう、これはあなたの会社にとって、

悪魔の囁きなのです。

捨てられない社長へのもったいない悪魔の囁き

「捨てられない」が生むコスト

 
 
なぜ「もったいない」が、悪魔の囁きなのか?
 
 
それは、モノは所有すればするほどコストがかかるからです。
  

たとえばどんなコストがかかっているか。
 
 
・スペースのコスト
場所には必ず家賃がかかっています。
また倉庫に高い家賃を払っている会社もあるでしょう。

・維持管理のコスト
点検やメンテナンスが必要だったり、保管自体にお金がかかったりすることもあります。

・探す時間のコスト
モノが多いほど、探しモノは増えます。
それは多くのムダな時間を生み生産性を低下させ、積み重なると大きなコストとなります。

・移動距離のコスト
モノに面積を奪わるほど、適切な配置が出来ず、ムダに歩くというコストが生まれます。
それは労力、時間、能率、色んなもの消費することになります。

・人件費のコスト
維持管理や、探したり移動する時間が増えるほど、ムダな人件費となります。
それは非生産的な時間に、給料を支払っている状態です。

 
 
これだけのコストをかけてまで、「いつか使うかも」という不確かなモノを

いつまでも置いておくことが、本当に賢明なことでしょうか?
 
 
 
トヨタには

「”いつか使うだろう”は諸悪の根源」

という言葉があります。
 
 
 
「いつか使うかも」と言って、いつまでもモノが捨てられない職場だとしたら

まずは、「コスト」の観点からモノを所有を考える必要があります。
 
 
 
・片づけられない会社は業績が悪い?
・職場の整理整頓ができない一番の理由
・経営者にあまり知られていない「3S活動の本当のメリット」とは
 
あなたの会社を3S活動で組織改革!
社内改革したい二代目社長様の為の無料個別セミナー

「本気で人材育成したい!」
「本気でコストを削減したい!」
そんな全国の中小企業の経営者様!
ご連絡をお待ちしています!

Smile System Support – 整理整頓から人材育成 –
営業時間:8:00~19:00
定休日:日曜日・祝日
WEBサイト:http://smilehousekeeping.com
ブログ:http://smilehousekeeping.com/blog/
facebookページ:https://facebook.com/osMeisterSmile/
Twitter:https://twitter.com/osmeistersmile

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です