5S活動のお悩み 5Sのスローガン

5S活動のスローガン/標語の例と5Sスローガンの作り方

更新日:

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

ナポレオン5Sで革命なう

 

5S活動を始める際に、「スローガン/標語」を決めることがよくあります。

また「スローガン考えろ」「5Sの標語を考えろ」と、トップダウンで部下や5S委員会、リーダーに考えさせることも多いと思います。

 

でも、その場合、「5S活動のスローガン/標語で何?どんなの?」と困ってしまう事も多いでしょう。

まずそもそも5S活動の意味やメリットが分かっていなかったら考えられません。

 

そこでこの記事では、5S活動スローガン/標語の例を挙げると共に、どうやって考えればよいかを記します。

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

5S活動スローガン例

ここからは、弊社スマイルシステムサポートが5S活動(3S)の研修をさせていただいている会社様で、実際に出たスローガンの例をご紹介していきます。

 

無駄を減らす・なくしていこう系スローガン

まずは、5S活動でどんどん効率化を図り、時間の無駄をなくしていこうというスローガン。

「時間的ロス削減」

「目指せ!納期遅延ゼロ」

「5Sで職場を清潔にし、物を探す時間を半分に!」

「モノを探す時間をゼロに、定位置の徹底!」

「探すな!~タイム・イズ・マネー~」

 

5Sで作業効率を上げて時間の無駄をなくし、残業を減らしていこうというスローガン。

「効率UPで残業削減!!!」

「5Sで残業時間20%削減を目指そう!」

「目指せ5Sで残業時間50%減!」

「仕組を作って女性スタッフ残業0!男性スタッフ10%減!」

「3Sで残業を減らして社員満足度向上!」

 

その他、モノやコストの無駄をなくしていこうというスローガン。

「デッドストック、ゼロ宣言!」

「目指せ!年末捨てる物50%減!」

「3Sで3LESSへ~ミスレス、無駄レス、ペーパーレス」

 

 

生産性を高めていこう系スローガン

5S活動により作業効率を上げる、無駄をなくし、生産効率を高めていくことにフォーカスしたスローガン。

「目指せ5Sで作業効率UP!」

「目指せ!5Sの率先・継続で検査数量5%UP!」

「目指せ5Sで経常利益30%UP!」

「5Sから始まる作業効率UP・工数削減」

「目指せ!5S活動で時間当たり平均3500円台!」

「誰が見ても綺麗と感じる状態を保ち、ものを探す時間をなくすことで生産金額を毎月100%達成する。」

 

その他のスローガン・アラカルト

とにかく途中で活動が止まることなく続けていくという気持ちを表したスローガン

「継続できる5S」

「一人ひとりが毎日5分の5S活動」

 

自分たちが5S活動リードしていくんだという意識の高いスローガン。

「目指せ5Sで率先垂範、他部署の見本になります」

「どの班よりも5Sの進んだ班になる」

 

習慣を変えるスローガン。

「チョイ置き禁止!余計なモノを置かない習慣」

 

働きやすい職場を作ろうというスローガン。

「社内で5S活動を根付かせ、より快適な職場を作り出す」

「ルールを決めて、働きやすい環境づくり」

「5SでESC(エンジョイ・スマイル・クリーン)な職場づくり」

「作業台をキレイに使用し、夜勤の人が気持ち良く仕事できる職場作り」

「全社で取り組み、誰が見てもキレイだと思える職場を作る!」

「見える・はかどる・楽しめる会社を社員全員で作ろう!」

人間関係を重視したスローガン

「チームワークとコミュニケーションを大切にしお互いに信頼しあえる職場づくり」

「焦らず・無理せず・怠らず!5Sでレッツコミュニケーション」

 

5S活動によって会社を物心両面から綺麗にしていこうというスローガン。

5Sで社内デトックス!

 

5S活動で会社全体が良くなることを考えた規模の大きなスローガン。

「日々人が変わる、会社が変わる5S活動」

「3Sを通じ、統一行動で次に渡せる環境と組織を作り出そう」

「安全で快適な職場環境を目指し、社員の意識向上と優れた企業風土作りに取り組んでいく」

「全社一丸の取り組みで5S活動を徹底、効率的で笑顔溢れる職場をつくる」

 

これらはすべて社員さんが、活動を行うグループごとで考えられたスローガンです。

 

そのままパクるのはやめてくださいねw

自分たちで考えていないスローガンはまったっく意味がないです。

 

ということでここからはどんなスローガンを作ればよいかを記していきます。

 

5S活動スローガン/標語の作り方

誰のためのスローガンか?

まずスローガンは、誰に対してアピールしたいかがとても重要です。

 

5Sのスローガンの場合は対外的なものというより、どちらかというと社内向け、自分たちに向けたものであることがほとんどではないでしょうか?

ですので、自分たちを鼓舞するもの、モチベーションを上げるものが理想的です。

 

ではそれも踏まえて実際に5Sのスローガンを考えていきましょう。

 

何を実現したいか?

スローガンに刻むのは「何を実現したいか」の目標です。

そうなると知っておかなければならないのが、5S活動で何が実現できるか?です。

 

5Sの意味やメリットに関してはこちらに書いておりますので、まずはご覧ください。

5S活動とは?3Sとは?整理・整頓・清掃・清潔・躾の意味・定義とメリット

 

何が実現できるかがイメージできるようになったら、その上で「自分たちが何を実現したいか?」「どんな職場環境にしていきたいか?」を考えていきましょう。

上の例のように、「無駄をなくす」「効率化する」「時短する」「生産性を高める」「作業を楽にする」といったものが、イメージしやすいと思います。

 

スローガンはより具体的に

スローガンは目標を標語にしたものです。

目標はより「具体的」なものの方が実現しやすくなります。

 

可能ならば数値目標をいれていきましょう。

上の例でも数値を含んだものが結構あります。

「残業時間20%削減」

「残業時間50%減!」

「女性スタッフ残業0!男性スタッフ10%減!」

「検査数量5%UP!」

「時間当たり平均3500円台!」

「生産金額を毎月100%達成する。」

数値がある方が、よりイメージしやすくなり、自分たちのすべき行動が見えやすくなります。

また、後で振り返った時に、実現したかどうかが明白で、フィードバックもできます。

 

つまり具体的なほど実現しやすくなるということです。

 

言葉にリズムを

目標にすることが決まったら「標語化」していきましょう。

そのままの文でももちろんよいのですが、もし可能ならばよりインパクトがあって、覚えやすい言葉にしてみてください。

 

ポイントは言葉にリズムがあること。

だらだら文章を羅列するよりも、要点をぎゅっとまとめて、それをリズミカルに表現できるとなお理想的です。

 

例えば上の例ですと、

「探すな!~タイム・イズ・マネー~」

「3Sで3LESSへ~ミスレス、無駄レス、ペーパーレス」

などは、とても標語的でインパクトがあります。

 

これだと少し具体的ではないですが…

両立が難しければ、やはり「具体的」にすることの方を優先して下さい。

 

まとめ

色々ご覧になってイメージできましたでしょうか?

 

最後にスローガン/標語の要点をまとめますと

  • 5Sで何が実現できるのか知る
  • 5Sでどんな職場にしたいかを考える
  • モチべーションの上がる内容にする
  • 具体的な目標を言葉にする(数値目標を入れる)
  • 可能ならが覚えやすくてインパクトのある言葉にする

こんな感じです。

 

ぜひこれらを参考に、あなたなりの5Sスローガンを生み出してください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

トヨタの5Sとは?製造業だけじゃない!全ての業種で使える最強習慣!

 

メルマガバナー記事下

-5S活動のお悩み, 5Sのスローガン
-,

Copyright© 職場の整理整頓.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.