5S活動継続・定着のために社員個別面談で5Sの意味・目的を伝える

社員個人面談,5s活動のコツ

5S社員個別面談

今回は、会社で5S活動を成功させるため、活動を始める前にやっておいきたいことをお伝えします。

それは5S活動の目的・メリットを社員一人ひとりに伝えることです。

 

5S活動の目的・メリットを社員に伝えること

会社で5S活動を始めようと思い立ち、経営者様や役職者の方が、いきなり「わが社でも今日から5S活動をやります」と社員に伝えたとします。

その場合、多くの社員の本音は「また、余計な仕事が増えるのか」「めんどくさいなぁ」です。

 

こんな状態のまま5S活動を始めても、5Sの成果が表れるまでにフェードアウトしてしまいます。

5S活動をより早く、会社に浸透させるには、まず

  • 「なぜ会社が5S活動に取り組むのか?」
  • 「5S活動をするとどんな効果があるのか?」
  • 「社員さんにどのようなメリットがあるのか?」

これらを、社員を一人ひとりに理解してもらうことが大事です。

これをやることで、社員さんの5S活動への向き合い方に変化があるのですが、大事なポイントは伝え方です。

 

5Sの目的・メリットは個人面談で伝える

5Sの目的やメリットを、全員を集めて一斉に伝えるという方法はお勧めできません。

この場合、聞いている人もいれば、聞いていない人もでてきて、全体に正確に伝わりません。

 

5S活動は会社全体の取り組みにすることがとても重要ですので、活動の意義を一人ひとりがちゃんと理解することがまず大切です。

そこで、活動を始める前には、可能な限り社員一人ひとりに個別に面談する形で伝えるようにして下さい。

 

そうすれば、社員全員に漏れなく5S活動の目的・メリットを伝えられ、真意や熱意が伝われば、その後の活動に圧倒的な差が出てきます。

 

もし可能ならば、この個別面談の際に、社員一人ひとりに「今の職場の問題」なども一緒にヒアリングしてみてください。

一人ひとりの意見は、問題のパーツです。

これを全社員に聞いていくと、徐々に「会社の本質的な問題」が見えてきます。

 

ここで見えてきた問題を、5S活動を通して、話し合い、改善していくことで、より働きやすい会社に変わっていき、コミュニケーションやチームワークも活性化され、組織として強くなっていきます。

 

弊社でも、企業様で5Sのお手伝いをさせて頂く際は、必ず全社員にこの個人面談を実施して、一人ひとりに丁寧に5Sの目的やメリットを説明させていただきつつ、会社の問題点や、不満や愚痴まで聞き出しています。

これによって社員さんのガス抜きにもなり、また5Sに対する、社員さんの不安感・抵抗感を大きく軽減することができています。

 

5S反対派・抵抗勢力への対応

5S賛成反対

この個人面談実施にあたって、よく「反対派の人をどう説得したらいいですか?」というご質問をいただきます。

これに対してはいつも、「説得はしないでください」とお伝えしています。

 

 

組織には「2:6:2の法則」という法則があり、人間は集団になると、2割は前向きに取り組む人、6割はどちらでもいい人、残り2割はやりたくない人、という風に分かれてくるという傾向があります。

これまで多くの企業様を見てきましたが、どの会社でも必ず5S活動に否定的な人・反発する方が出てきます。

 

そういった反対派の方の価値観を、説得によって変えることは容易ではありません。

彼らを変えられるのは「成果」です。

 

まずは、「2:6:2」の前向きな2割の方に活動をリードしてもらい、どちらでもいいという6割の中間層を巻き込むように活動をしかけていってください。

こうして全体の8割で活動を進めていくと、必ず5Sによる良い成果が表れます。

そこで反対派の人は、実を持って、「5Sのメリット」を知ることになり、5Sへの抵抗感が薄れてきます。

 

そして、8割の中で5Sが習慣となり、当たり前の活動になってこれば、反対派もやらざるを得なくなり、次第に協力してくれるようになってきます。

 

活動をスタートする際、反対派の方には「5Sの目的」と「自分たちのためになる活動だ」ということを情報として知ってもらえるだけで充分です。

 

まとめ

5Sを会社全体に浸透させ、継続させていくためには、社員全員が5Sの目的と意義を理解していることがとても重要です。

 

5Sを始めるときは、行き当たりばったりに行うのではなく、まず社員一人ひとりに面談を行い、しっかり目的や効果を伝えること。

そして、しっかりと話し合って、「自分たちが何のために5S活動を行うのか?」を明確にして、目標を立てて活動をスタートさせましょう。

 

反対派の方は説得するのではなく、協力してくれる社員さんで活動を習慣にできるようしていきましょう。

メルマガバナー記事下