スマイルシステムサポート・ロゴ

会社案内 採用情報

3Sが人材育成に役立つ理由

3S活動が人材育成に役立つ理由

「整理」「整頓」「清掃」の3Sは仕事をする上での基礎、土台になるものです。
これは多くの経営者様も認めておられることです。

スポーツをやる上での基礎体力作り、筋トレのようなものです。
何事も基礎、つまり土台なしには、本当の意味での上達(成長)はできません。


基礎作りは筋トレと同じで、とても時間がかかり、根気が必要なものです。
しかし、少しずつでもコツコツと鍛えていくことで、どんなことにも対応できる強靭な筋肉となり、後々大きなレバレッジとなり、力を発揮します。



仕事の基礎となる3S活動も、効果的に取り組み、それを習慣化していくことによって、少しずつ組織に変化をもたらします。


例えば社員はこれまで気づけなかった様々な自社の問題点、改善点にも気づくようになります。
同時に、それを解決する能力も身に付けていきます。

それによって、これまでいつも受け身だった社員が、だんだんと自主的に考えて動くようになり、 指示待ちだった社員は自ら何かを生み出す人材に変わっていきます。



また、3S活動での同じ目標を通して社員同士がかかわり合うことで、コミュニケーションも生まれ、社内の風通しもよくなり、組織全体が活気づいてきます。
報告・連絡・相談なども自然にできるようになってきます。

そして、会社に危機的状況が訪れても、社員同士が協力し合い、一致団結して問題を解決しようとする風土になり、組織は生まれ変わります。

  • PDF資料無料配布
  • スマイルシステムサポートの3S人材育成コンサルティングプラン

3Sのその他のメリット

3S活動は人材育成以外にも、様々な効果があります。

整理

まず「整理」をすることでモノが減ります。
モノが減れば、スペースのムダが削減できます。

スペースには必ず「家賃」が発生しています。
同じスペースでも不要なモノを置くのか、生産的な空間に生かすのかで、その価値は変わってきます。

また、モノを置くためだけに借りていた倉庫などを減らすことができれば、家賃にかかるコストを浮かせることができます。

整頓

「整頓」によるメリットは業務効率の向上です。
必要なモノが、誰でもすぐに取り出せるようになれば、様々なムダが削減できます。

まず「探す」という時間。
例えば、従業員10人の会社で、月の稼働日数が20日間だった場合、1人あたり1日10分の探し物をしたとすると、

10分×10人×20日間×12カ月=24,000分=400時間

つまり400時間(およそ半月)もの時間を、探しモノに人件費を使っていることになります。
探しモノという些細なことも、積み重なるととても大きなコストになっているのです。

整頓はいわば、この探すムダをなくす作業です。
また「誰かに教える」という時間のムダ(人件費のムダ)もなくします。


「整頓」は探しものに限らず、モノの置き方や、作業動線なども考えていきます。
これによって、多くの動作のムダがなくなります。
突き詰めれば作業工程のムダ、ボトルネックも発見することができ、大きなコストダウンにつながります。


動作のムダがなくなれば、作業者の負担も減ります。
同時に、作業効率も上がり、作業時間のムダが削減され、必然的に納期も早まります。

さらに品質は向上し、不良品率は低下します。
過剰在庫、過剰な発注といったムダも未然に防ぐことができます。

清掃

「清掃」のメリットは、やはり衛生面の向上です。
衛生面の向上は品質の向上にもつながります。

また、日々の清掃の習慣によって、大掃除の時間を減らしたり、会社によっては大掃除が必要なくなったというケースもあります。


それだけでなく、綺麗な職場は、従業員の精神的な衛生状態も向上させてくれるという効果もあります。
気持ちよく働ける環境にとって、清掃は欠かせません。

3Sが高める会社の信用

3Sを取り入れ、成果を出している会社は、他社からの目も違います。
いつも清潔で、整頓されているだけで、自ずと他社からの信用度は上がります。

仮に同じクオリティの同じ商品を作る2社があった場合、訪問したときに、いつも綺麗で整っている会社と、いつも不衛生でモノが乱れている会社とでは、どちらの方が取引されやすいでしょうか?
つまり3S活動が出来ていれば、会社は勝手に営業してくれるのです。

  • PDF資料無料配布
  • スマイルシステムサポートの3S人材育成コンサルティングプラン