スマイルシステムサポート・ロゴ

会社案内 採用情報

お客様インタビュー

Interview 02

現状で満足をしてた人に
改善意識が出てきて、

次々アイデアが生まれて
「良くしていきたい」とか。

そういう気づく力がどんどん付いてきました。

株式会社 高産

代表取締役 髙田 昌佐己 様

髙田昌佐己

高産さんは3S活動を始めて3年目になりますが、最初に3S活動を取り入れたきっかけや目的はなんですか?

きっかけは、ある3Sで有名な企業さんの工場見学に行かせて頂いたことやったんですけども。そこの会社さんは3Sを徹底的にされているところで、見学させてもらったら、どこを見渡しても効率・安全・快適さを追及されていて、本当に素晴らしい職場でした。 さらに素晴らしいなと思ったのが、その工場見学の案内をされていた社員さんが、3S活動を通して自主性を発揮されて、すごいいきいきと働かれていらっしゃいました。
で、そこの社長曰く、3Sは社員教育のツールとしても、とても有効だということをおっしゃってまして。 弊社でもこの3S活動を(取り入れるにあたって)業務の効率化とか、職場の安全化・快適化のためという目的ももちろんあったんですけども、この3S活動を通して社員が成長して、働き甲斐を持ってもらうということを第一の目的にしようと思い始めました。

3S・5S活動は、スマイルシステムサポートがサポートする以前から自社でも行っていたんですか?

はい。そこの工場見学をさせてもらって、自社でも取り入れようと独自で、動き出してはみたんですけども、何をやったらいいか全然わかってなくて、単に清掃活動で終わってしまってたような感じで。 一応担当者を付けて、やってもらってたんですけども、経営陣も分かってないのに、やる社員もわかれへんし。
で、スマイルさんがやってた講習を、担当者と一緒に受けさせてもらったんですけども、それを聞いて、「あ、全然違うな」と。全然分からん中でやってたんで。 コンサル来てもらって、ちゃんと3Sの基礎を学ばせてもらって、そっからやな、ということで、来て頂くことになりました。 

スマイルシステムサポートに依頼された時、何を期待して3S・5S活動のコンサルティングを依頼されたんですか?

目的は社員教育やというのが第一にあって、(上石さんと)その話をしたら、「まさに3S活動はそういう効果があります」ということだったんで、来てもらって始めたんです。

外部から私たちがコンサルティングに入って、3S活動を導入した時の、社員さんの一番最初の反応はどうでしたか?

社員からすると、「一体何が始まるんやろう?」という感じでした。
新たに3S活動をコンサルに来てもらって始めるにあたって、担当者は新たに作ったんです。 もともとやってもらってた人は、エコアクションと兼任でやってもらってたんで、どっちもというのが難しいので、新しい人に就いてもらったんですけども、その人も最初は全然何をしたらいいか分からない。 「現状の職場で特に問題はないのに、何を改善することがあるんやろう」という感じで、なかなかすぐ返事ももらえなかったんですけども、「自分の成長にも繋がるし、絶対やっていいと思う活動やから」「やってあかんかったらあかんで、とりあえずやってみよう」ということで説得して、新しいリーダーになってもらい、始めることにしました。

3S活動を1年間続けられて社員さんに変化はありましたか?

普段業務の会議だけでは、なかなか意見は出ないんですけども、この3Sの会議っていうは、みんながフラットにしゃべれる内容なんで、普段意見できない人も意見できるようになったりとか。 結構積極的に改善に対して意識を持ってきて。意識が変わったというのが、まず最初ですかね。

作業効率に変化はありましたか?

最初は整理から始まるんですけども、要らないモノを徹底して処分していって、長時間使わなかったモノや重複してるモノを無くしていって、スペースに余裕ができ、有効活用も出来てきました。 その次の整頓では、誰が見てもどこに何があるか分かるようにしたことで、探す時間がなくなって、無駄に時間をかけないという効率の改善にもなりました。 その次の清掃では、綺麗な職場に変わっていったというのが、実感としてありますね。

売り上げに変化はありましたか?

売り上げが上がるという事には、直接繋がっては来ないと思うんですけども、さっきも言いました無駄をなくすことで経費節減になったり、効率をよくすることで、生産性が上がる。快適な職場になることで、社員が気持ちよく働けるというのが、利益アップに繋がると感じてます。

今年で3年目になる3S活動ですが、1年目と2年目とでは、変化がありましたか?

1年目はまだ毎月来て頂いてコンサルを受けてという、受け身な感じはありました。 2年目からは3ヶ月に1回になり、自主的に運営をやっていったんで、全体的に3Sに対して自主性が、リーダー筆頭に上がってきたんちゃうかなっていうのはありますね。

高産さんにとって、今後も3S活動は必要ですか?

そうですね。 これはもう、半永久的に続けていく活動かなと思っています。

3Sをやって一番良かったことは何ですか?

以前を考えてみると、人によっては、ごみが落ちてても気づかない人がいたり、気づいてるんやけど気にならない。そんな人がゴミを拾いだしたりとか。 現状で満足をしてた人に改善意識が出てきて、次々アイデアが生まれて「良くしていきたい」とか。そういう気づく力がどんどん付いてきて。 それが組織を成長させて、気づく集団になってきている、そこが一番の成果かなと思っています。

スマイルシステムサポートのコンサルティングを受けて良かったことは何ですか?

自社でやってる時は知らなかったことがたくさんあるんですけども、講義を通して色んな知識を頂きましたし、ワークをやりながら進めていくんで、社員の方もとっつきやすいというか。
あと、一番大きな違いというのが、最初に社員全員にヒアリングして頂くんですけども、1人ひとりの意見を聞いてもらえる、想いを引き出してもらえるというのが、3Sを進めるうえで、良かったことやと思いますね。 ヒアリングなしに活動だけ進めてしまうと、誰かが人ごとのような感じにもなり兼ねないし。1人ずつ説明して頂くことで理解も深まるやろうし、「意見も出していいんや」という気持ちにもなってくれる。
ヒアリングをしてもらうことで、会社の状況をまず把握して、会社に合ったプランでやって頂ける。 それがないと一辺倒な講義になってしまう。 「ここの会社では効果あるけど、ここの会社では効果なかった」みたいなこともあると思うんで。 ヒアリングを通して、この会社に合うオリジナルのメニューで講義をやって頂けるのが、他にない強みかなと思います。

お客様インタビュー

無料個別セミナー