5Sに関するよくある疑問・質問・悩みにお答えします。

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

q&a,5Sについての疑問質問お悩み

このページでは、5S(3S)に関する質問・疑問に答えていきます。

 

5Sと3Sは違うのですか?

3Sとは、「整理」「整頓」「清掃」のことで、そこに「清潔」「躾(しつけ)」を加えたものが5Sと呼ばれるものです。

 

5S活動ではまず、整理から始め、整頓、清掃とステップアップする形で活動を進めていきます。

 

「清潔」は、社員全員が整理・整頓・清掃の3Sをきっちりと守れるように仕組み化していくプロセスです。

最後の「躾」は、会社全体に3Sが習慣化され定着して、無意識にルールを守れる状態です。

 

つまり3Sを徹底することが、5S達成に繋がるというわけです。

5S活動とは?3Sとは?整理・整頓・清掃・清潔・躾の意味・定義とメリット

 

5Sは製造業のためのものですか?

5Sの目的は、安全性の向上、業務の効率化、心身ともに快適な職場づくりです。

これは全ての業種にとって必要であり、しっかりと取り組み継続することができれば、必ず効果が現れます。

 

その効果は、品質の向上、納期短縮、コスト削減以外にも、従業員同士の連携やコミュニケーション、自主的な改善・提案など様々な面に及び、結果それが会社の利益アップにつながります。

 

また、5Sの本質は、見栄えを綺麗に整えることではなく、「ルール決めそれをしっかりと守っていく」というところにあります。

これは仕事をやる上でのもっとも基礎的なことで、全ての業種に当てはまる仕事に対する考え方です。

 

トヨタでは「5Sは仕事そのもの」だと言われています。

トヨタの5Sとは?製造業だけじゃない!全ての業種で使える最強習慣!

 

5Sをやると利益が上がるものですか?

すぐに利益に直結するような成果は表れません。

成果の出るスピードは社員の取り組み方や、会社に根付いた風土によって変わってきます。

(若い社員さんの多い会社では、浸透スピードが速いことが多い傾向にあります)

 

また、部の社員のみの取り組みではなかなか大きな効果は得られません。

基本的には全社で取り組む活動です。

 

社員同士が考え、話し合いながら改善活動が進んでいけば、必ず作業効率、そして生産効率が上がってきます。

すると、短納期になり、クオリティーも上がり、価格が下げれるという儲かる体質が作り上げられます。

 

5Sは企業の基礎体力にあたるものですので、成果が出るのはしっかりと体力がついてきてからと言うことになります。

片づけられない会社は業績が悪い?気づかないうちに膨らむムダとは

 

5S活動はトップダウン・ボトムアップどちらで行うのが理想なのでしょうか?

理想なのは圧倒的にボトムアップでの5S活動です。

 

どちらで行っても、5Sを浸透、定着させることは可能です。

強制力を働かせる分、トップダウンの方がむしろ早いかも知れません。

 

しかし、時間はかかっても、そこで得られる効果は、ボトムアップの方が絶大です。

 

ボトムアップでの5Sは、社員が主体となって問題を見つけ出し、考え、改善を行っていきます。

 

そこでの様々な気づきから感性が磨かれ、改善の種になる「なんか気になる…」という感覚を身に着けられます。

そして、トライ&エラーを繰り返しながら成功体験を得ることができます。

これが社員の自信となり、5Sに限らず、通常の業務でも力を発揮することになります。

 

しかし、トップダウンの場合、いつまでもやらされ感が残り、モチベーションが上がらず、なかなか社員が自主的に動くようにはなりにくいです。

どちらでも実践可能な場合は、ぜひボトムアップ方式を取り入れていただきたいと思います。

5Sの指導はトップダウン?ボトムアップ?最大限に効果を発揮する方法

5Sに関する質問募集

5S(3S)に関する質問があればこちらのフォームから投稿お願いします。

メールでの回答をご希望の方はメールアドレスもお願いします。

 

メルマガバナー記事下


「5S活動が続かない」「組織を変えたい」と悩むリーダー必見!
【限定20名】「絶対に定着させるスマイル式5S活動セミナー」
絶対に定着させる5Sセミナー

5S活動を浸透させるコツをマスターして、組織を改革してみませんか?

更新日:

Copyright© 職場の整理整頓.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.