経営について感じたこと IT

これからの中小企業が成長するためのAIとの付き合い方

投稿日:

LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

企業とAIの握手

整理・整頓・清掃から【気づく力・考える力・解決する力】が育つ社風づくりをサポートする会社 Smile System Support

の代表・上石です。
 
 
 
先日、勉強会に参加し、これからのAIと企業の関わり方について学んできました。

そこで学んできたことを少しシェアさせて頂きます。
  
 
 
まず、AIには「4つの技術レベル」があるそうです。

ざっくりこのような感じになります。
 
 

 
レベル1:ルールベース
人間が教えたルールに従って答えを出すレベル。

レベル2:エキスパートシステム
色んな分野の専門家の知識を基に推論し、答えを出せるレベル。

レベル3:機械学習
データを与えれば、自動でパターンを学習してくれるレベル。

レベル4:深層学習(ディープラーニング)
より人間の脳に近い形で学習する手法で、「AIが将棋の名人に勝った!」などニュースになるレベルのAI。
 

 
 
1~2レベルのAIの導入でも中小企業の生産効率はかなり上がるそうです。

アメリカのフォーチュン誌が年1回発行する、全米の上位500社を総収入に基づいてランキングする「フォーチュン500」の中に入る企業の三分の二がエキスパートシステムを採用しています。
 
 
 
企業がAIを導入する際のポイントは、まずしっかり費用対効果を考えること
 
 
 
もう一つは、AIを導入したらどんな問題も解決すると期待しないこと

ルールベースからの導入でも十分効果を発揮してくれますが、過度な期待は失敗の元です。
 
 
 
まずはしっかりAIについての知識をつけ、解決したい課題を明確にした上で、導入検討するのがベストだと思います。

企業向け各種研修を行っているインソースさんでは、AI研修などもやっておられます。

こういうのを活用されるのもいいかもしれません。
 
 
 
AIをいかに活用していくかは、今後の中小企業の未来を大きく左右するテーマです。

AIに関する情報を収集して、これからの可能性に繋げていって欲しいと思います。
 
 
 
今、中小企業にとって厳しい時代ですが、大手との垣根も昔ほどなくなり、ベンチャー企業がどんどんがんばっている時代です。

チャンスは必ずあります!
 
 
 
社員一人ひとりが自主的に動く会社を3S活動で実現!
社内改革したい二代目社長様の為の無料個別セミナー

スマイルシステムサポート公式サイトはこちら

継続する仕組みを作る5S活動pdf

-経営について感じたこと, IT
-

Copyright© スマイル通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.