スマイル5Sチャンネル最新動画

スマイル5Sチャンネル最新動画


「5S活動成功のために最初にすべきこと」

5S活動事例 オージック(本社)様

オージック(本社)様の3S活動!赤札作戦実施後の社員さんの気づき

更新日:

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

5S活動から社員の【気づく力・考える力・解決する力】が育つ社風づくりをサポートする会社 Smile System Support の代表・上石です。

 

おはようございます。

地震、大丈夫だったでしょうか?

 
 
私は、車で高速を走っている最中でしたが、全然気づかず、携帯の警報音にただただびっくりしました!

場所によってはかなりの被害が出ていますが、この日お伺いした東大阪の株式会社オージック様での3S定例会は無事スタートさせることができました。

 
 
まだまだ余震の可能性があり、気が抜けません。

充分にお気を付けください。

オージック様の最初の3S活動報告

オージック定例会180618

さて、今回はオージック様の3S活動が始まってから二回目の定例会。

オージック様は、人数が多いため二日に分けて講座を実施しています。
 
 
   
今日はその前半の活動報告の一部を紹介。

前半の部署はベベル、ウォーム、ホブ、ライス、営業部、品質保証部、生産管理です。
 
 
 
前回は終わりに「不要なモノに赤札を貼る」という宿題を出したのですが、皆さましっかり取り組んでくださり、各所に赤札が貼られていました!

どこも、たくさん赤札を貼ってくださっていました。
 
各部署捨てられるものはどんどん捨てて、とってもスッキリしました。
 
 
 

赤札作戦に実際取り組んでもらったところ、ほとんど部署から「思っていた以上に不要なモノが出てきた」という感想が聞かれました。
 
モノに関しては色んな気づきがありました。

  • 現場に不必要なモノが多かった
  • 使用頻度が低いのに場所を取っているモノが多かった
  • 再利用しようと思ってたモノが予想以上に多かった
  • 要るか要らないか分からないモノが多いかった
  • いつか使うだろうと溜めていた段ボールが溜まりに溜まっていた
  • 今まで気に留めていないモノが不要であると判明した

 

このように、ほとんどの部署が「普段いかに不要なモノに囲まれていたか」ということに改めて気づかれたようでした。

部署によっては、今回だけでは貼りきれなかったそうです!
 
 
   
また、こんな意見もありました。

  • 共有スペースであるが故に「いつか誰かが捨てるだろう」という考えがみんなにあると感じた
  • 2人でやっても綺麗にできた。なぜ今まで出来なかったんだろう

人任せにしたり、大変だと勝手に思い込んだりして、気になってはいたけど、整理に手を付けられなかったというパターンです。

こういった気づきは働きやすい職場への第一歩です!
 
 
 
あと、このような意見も出ました。

不用品の処分や元の場所に戻すということについてルールが必要だと感じた

「ルールが必要」だという考えは、3S活動、5S活動の本質の部分です。
 
ルールが決められれば活動はもっと前進します!

これからの変化がとても楽しみですね。
 

  
初回の宿題に取り組んでみて、なかなか時間の取れないチームもありましたが、今後もっと工夫して進めれるようにと、

  • 週単位で予定を立てている部署
  • 部署内でエリア分けをして、一箇所ずつ確実に整理していく予定を立てている部署

など、それぞれ考えて下さっていました。
 
 
 
私がこの3S活動のサポートの仕事をしていて、一番よかったなと思える瞬間。

それは、「社員さんが自主的に考えて動いてくれている姿を見た時」です。

そのときの社員さんの顔は本当にイキイキしています。
 
 
 
これは、きっと私だけではなく、3S活動を導入された社長様やリーダー職の方もそう感じていらっしゃると思います。
 
 
 
日々の仕事では社員さんの成長って、なかなか見えにくいものです。

でも、この3S活動では社員の成長が毎月見られます!
 
 
 
私たちも、社員の皆さんが自分たちで考えて失敗を繰り返しながらも進んでいってくれるように全力でサポートしていきます!

 

株式会社オージック様のその他の記事はこちら

メルマガバナー記事下

-5S活動事例, オージック(本社)様
-, , , , ,

Copyright© 5S活動ラボ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.