3Sとは

3S活動定着の定着のカギは経営者の姿勢にあります

投稿日:

LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

整理・整頓・清掃から
【気づく力・考える力・解決する力】が育つ社風づくりを
サポートする会社 Smile System Support

の代表・宇江です。
  
 
 
会社に3S活動が定着する速度、つまり、社員の中で当たり前の活動として継続していける状態になるまでの時間はどれくらいか?というご質問を受けることがあります。
 
 
これは、会社によって全然違います。
 
 
3S活動のコンサルティングをさせて頂いていても、その速度はまちまちです。
 
 

早い会社様ですと、ほんの数ヶ月で、積極的に取り組んでくれる社員さんが出てきて、自分達で計画を立てて実行してくれるようになります。

逆に、遅いところですと、2年以上かかることもあります。

 
 
この差はどこにあるのでしょうか?
 
 
  
まず一つは、会社の風土で違いが出ます。
 
 
風紀であったり、人間関係であったり、コミュニケーションの取れ具合であったり、全体的な仕事に取り組む姿勢であったり、その会社がどんな空気かで、定着度合いに違いが出てきます。

また、傾向として、若い従業員の多い会社は、定着が早いことが多いです。
 
 
長く勤められている方ほど、ご自身のスタイルにこだわりを持っておられる方が多いので、新しいことを取り入れるのが難しくなってきます。

逆に若い方は、柔軟で受け入れも早いんです。
  
 
 
もう一つ、違いの出る大きな原因があります。

それは経営者の姿勢です。
 
 

3S活動の明暗を分ける経営者の姿勢

3s成功の書かれ道  

経営者の姿勢は、3S活動成功の鍵を握る、もっとも重要なポイントです。
 
 
経営者が、3S活動の本当の意味を理解し、自ら率先して取り組んでいる会社は確実に3S活動が定着していきます。
 
 
反対に、経営者の方が3S活動をやる本当の意味がわかっていなかったり、社員にだけやらせておいて自分がちゃんと取り組んでいないような会社は、なかなか定着しません。

経営者と従業員の距離が近いほど、それは顕著に表れます。
 
 
 
3S活動を行う上で最も重要なこと。

それは、決めたルールを全員できっちり守っていくことです。
 
 
守らない人が出てくると、積み上げた秩序は崩壊します。

そしてそれは、立場が上の人ほど影響力が大きくなります。
 
 
 
社員からしてみれば、

「なぜ自分たちが取り組んでいるのに上の者はやらないんだ」

「社長が守ってないんだから、自分たちも守らなくてもいいよね」

という風に必ずなってきます。
 
 
 
逆に経営者が率先して取り組む姿を見せていれば、

「社長がやっているんだから、やらないわけにはいかない」

と、社員たちはやらざるを得なくなります。
 
 
 
3S活動を成功させるには、トップの覚悟が何よりも重要だということです。
 
 
 
ですので、弊社に3S活動のご依頼を下さっても、経営者の方に覚悟がないと判断した場合は、お断りさせて頂くこともあります。

それほど、経営者の姿勢は、3S活動に左右するものなのです。
 
 
 
経営者様がもし本当にご自身の会社で3S活動を定着させたいのであれば、経営者様自身が本気で取り組む覚悟が必要です。
 
 
 
あなたの会社を3S活動で組織改革!
社内改革したい二代目社長様の為の無料個別セミナー

「本気で人材育成したい!」
「本気でコストを削減したい!」
そんな全国の中小企業の経営者様!
ご連絡をお待ちしています!

Smile System Support - 整理整頓から人材育成 -
営業時間:8:00~19:00
定休日:日曜日・祝日
WEBサイト:http://smilehousekeeping.com
ブログ:http://smilehousekeeping.com/blog/
facebookページ:https://facebook.com/osMeisterSmile/
Twitter:https://twitter.com/osmeistersmile

3s成功の書かれ道

継続する仕組みを作る5S活動pdf

-3Sとは
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© スマイル通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.