どんどん短くなる人間の集中力。これから必要なのは情報の整理です!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`fc2` not found]

集中力 綱渡り

整理・整頓・清掃から
【気づく力・考える力・解決する力】が育つ社風づくりを
サポートする会社 Smile System Support

の代表・上石です。
 
 
 
いきなり問題です。
 
 
人の集中力はどのぐらいの時間続くと思いますか??
 
 
ヒント!

金魚で9秒らしいです。
 
 
 
 
 
 
正解は・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8秒!
 
 
 
なんと金魚以下!!
 
 
これは、マイクロソフト社が
2015年に発表した研究結果です。
 
 
 
2000年の測定では12秒だった集中力が、
5年で8秒にまで低下しているそうです。
 
 
 
私的には、
12秒でもびっくりなんですが

この集中力の低下は、
IT技術の進化に伴う

情報量の多さによる環境変化
が原因だそうです。
 
 
 
若いころを思い出してみると
情報源はテレビ・ラジオ・新聞・本、
あとは人から聞く話ぐらいでしたから

インターネットが一般化した今とは
情報量は何十倍も違いますよね。
 
 
 
人の脳が1日に処理できる量は
限られていて、 
 
入って来る情報がきちんと整理されていないと、
脳が必要な情報まで
処理できなくなってしまうそうです。
 
 
 
毎日流れてくるメール、LINE、その他のSNS。
 
 
それらをまともに処理していると、
莫大な時間がかかり、
いくら時間があってもりません。

情報過多 情報氾濫

インターネットが普及するまでは
あっさりと終わっていた仕事も、
 
今は情報も手軽に入るので、
いろいろ調べているうちに
2,3時間経過していたり

いつの間にか本来の目的とは外れて
ネットサーフィンをしてしまっていたり

関係ないyoutubeを見ていたり。
 
 
油断をしていると
不必要な情報がどんどん入り込んできて、

その分本当に必要な情報が
どんどん疎かになって、

そして集中力が下がっていく。
 
 
 
集中力が低下すると
能率が下がって仕事が遅くなります。

また判断力も下がり、
ミス・失敗も多くなります。

そして緊張感も減っていくので、
事故にもつながりやすくなります。

ボーっとすると
運転なんかでも危ないですよね。
 
 
  
そうならないためにも、

これからますます
情報の整理が必要になってきます。

 
  
情報の整理もモノの整理と同じ。
 
 
 
必要なモノと不要なモノを分けて、
不要なモノを捨てること
です。
 
 
でも、人間の脳は
入ってきた情報を分別して
要らないモノを意図的に捨てる
なんてことはできません。
 
 
だから大事なのは
今から入れる情報を整理すること。
 
 
そのためには
 
自分には何の情報が必要なのか?
何の情報が不要なのか?

まずそれらを事前に明確にすること!
 
 
そこから情報の取捨選択を行いながら、
上手に情報を取り入れていきましょう。
 
 
 
普段からついつい
ネットやSNSを見てしまうという方は、
 
意図的にスマホやパソコンに
触れない時間を作ってみてください。
 
 
集中力をリフレッシュしましょう!
 
 
  
あなたの会社を3S活動で組織改革!
社内改革したい二代目社長様の為の無料個別セミナー

「本気で人材育成したい!」
「本気でコストを削減したい!」
そんな全国の中小企業の経営者様!
ご連絡をお待ちしています!

Smile System Support – 整理整頓から人材育成 –
営業時間:8:00~19:00
定休日:日曜日・祝日
WEBサイト:http://smilehousekeeping.com
ブログ:http://smilehousekeeping.com/blog/
facebookページ:https://facebook.com/osMeisterSmile/
Twitter:https://twitter.com/osmeistersmile

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です