人材育成 経営について感じたこと

求人しても問い合わせが来ない!中小企業の人材確保戦争勃発!?

更新日:

LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

求人戦争
 
整理・整頓・清掃から
【気づく力・考える力・解決する力】が育つ社風づくりを
サポートする会社 Smile System Support

の代表・上石です。
 
 
 
最近、経営者の仲間と話しをしていると、よく、

『求人出しても全然、問い合わせが来ない!』

という話をよく耳にします。
 
 
 
でも、実際はどうなんでしょう?
 
 
求人の出し方が問題?

それとも本当に
中小企業には人が来なくなってしまったのか?
 
 
 
 
これについて、ある面白い記事を見つけました。
 
 
法政大学大学院 経済学研究科教授・川喜多喬氏の
 
 
『この眼で見て、足で確かめたー優れた中小企業はここが違う』
 
 
というレポート記事の中で書かれていた内容です。
元記事:repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/8835/1/kj_902_kawakita.pdf
 
 
 
 
『人材確保戦争』が始まった。
 
 
という、なんとも恐ろしい書き出しで始まるレポート。
 
 
 
人材確保戦争が始まった、その理由に以下の4点が挙げられています。
 
 

①着実に景気が回復してきていて、大手企業や、金融機関が大量採用を再開しだした。

②中小企業は中高年労働力をうまく活用して仕事をしてきたが、団塊世代の退職で人材不足に。また、高齢者を高賃金で引き留めるだけの資金力は乏しい。

③若年層の急減。加えて高学歴化は中小企業の現場労働力の供給源を狭め、労働力の質を悪化させている。

④国際競争で日本で生き延びることができる企業の人材像の急変。

 
 
 
けっこう安易に「なかなか人材を確保できない!」なんて言ってしまっているけど、

この理由を見ると、中小企業の今後の採用状況はかなり厳しいようです( ゚Д゚)
 
 
 
理由の3番目に若年層の急減と高学歴化について書かれていますが、
うちは息子が今高校生で、確かに回りを見渡すと、高学歴化してるなと肌で感じます。
 
 
 
では、人材確保はどうすればいいのでしょうか?

中小企業が人材を確保するために必要な5つのこと

中小企業の人材確保
 
法政大学大学院 経済学研究科の川喜多喬教授の
『この眼で見て、足で確かめたー優れた中小企業はここが違う』
というレポート記事の中では次の五項目にまとめられています。
元記事:repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/8835/1/kj_902_kawakita.pdf

1.企業の人材育成力を高める

今は人材自身から企業の人材育成力が問われている時代。

そこで、人材を採用する際に大事なのが、

『私をどう成長させてくれるか』
『私にはどのようなキャリアが用意されているのか』

彼らは、それを重視する。
 
 

2.今抱えている人材の質を向上させる

中小企業は新たに大量の人材を必要とはしていない。

ゆえに、今抱えている人材の質の向上に力を注ぐべきである。
 
 

3.上司のしつけを見直す

人間関係、とりわけ上下関係に敏感な若い世代は、上がちゃんと『しつけ』られていないとすぐに辞める危険がある。
 
 

4.職業の基礎能力を向上させる

新たに採用する人の労働力の質も、とりわけ職業の基礎能力においても低下が著しい。(礼儀作法、読み書きそろばんなど)

技術、技能、知識教育の前にそうした基礎能力の育成が必要。
 
 

5.少数精鋭化に対応するマネジメント人材の育成

不況を生き延びた中小企業は少数精鋭化し、中小企業間の競争はより高いレベルで行われる。

それに対応するマネジメント人材の育成が必至である。
 
 
 

中小企業の人材確保は「私をどう成長させてくれるか」が鍵

以前読んだ日経スタイルの記事でも、同じことが書かれていました。

2017年2月に米調査会社が発表した日本の『働きがいのある会社』で1位になった会社
ワークスアプリケーションズの牧野正幸CEO氏が次のようにおっしゃられていました。
 
 

一流企業の製品やサービス、ブランドが立派でも、入社したばかりの人の力で貢献できることは少ない。

でも、ベンチャー企業では、まだまだ解決していない難しい問題を任せてもらえるので、自分が成長するのに都合がいい。

『向き不向き』も『自分の天職』も若くて経験がないとわからない。

だから自分の成長に都合のいい会社を選ぶのが一番いい。

具体的には「難しい仕事がある」「やる気のある優秀な人が働いている」など。

つまりベンチャー企業がベスト。

 
 
 
特に今の時代は、入社する社員も終身雇用を目的に入社してきていないので、自分の成長を一番に考える人が増えているようです。

そうなるとベンチャー企業に限らず、中小企業でもこの「自分を成長させてくれる」というのを強みとして求人活動をすれば、成果が出るはずです。
 
 
 
中小企業であっても、先ほどの川喜多教授が述べられた2番目3番目の項目、

つまり現在抱えている人材の質を向上を強化させつつ、

新入社員でも意見の通りやすい風通しのいい社風になれば、離職率は一気に改善。
 
 
また、そこを強みにして求人すれば、もっとやる気のある人材が集まってくるはずです。
 
 

人材の質を向上させるに最も適したツール

この「現在抱えている人材の質を向上を強化」においては、3S活動が効果を発揮します。
 
 
3S活動は、整理・整頓・清掃の活動ですが、
ただただ会社をきれいにしていきましょうという活動ではありません。
 
 
3S活動は整理・整頓・清掃を習慣化していくことで
会社の風土をじわじわと良質なものに変えていきました。
 
 
人が一夜にして変わることはありません。

人を変られえるのは「習慣」だけです。
 
 
ゆえに、会社の習慣を変えるのに最も適しているのが3S活動です。
 
 
これから人材確保戦争で勝ち残っていくには、そういった抜本的な改革が必要です。

求人・採用でお困りの会社様は、3S活動を取り入れることをお勧めいたします。
 
 
社員一人ひとりが自主的に動く会社を3S活動で実現!
社内改革したい二代目社長様の為の無料個別セミナー

スマイルシステムサポート公式サイトはこちら

継続する仕組みを作る5S活動pdf

-人材育成, 経営について感じたこと
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© スマイル通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.