経営理念があれば儲かるのか?企業理念の持つ意味とは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`fc2` not found]

経営理念があれば儲かるのか? 企業理念の持つ意味とは

整理・整頓・清掃から
【気づく力・考える力・解決する力】が育つ社風づくりを
サポートする会社 Smile System Support

の上石です。
 
 
 
今日は先日、「経営理念について」経営者の皆さんと飲みながら討論したときの話です。
 
 
 
色んな意見が出て、色んな経営スタイルがあるので、
どれが正しいというわけでもないと思うのですが、

私自身、経営理念は、中小企業家同友会の経営指針確立成文化セミナー
で1泊2日をかけ、自分のことを見つめ直し、必死になって作りました。
 
 
作ってから思ったことは、

「自分や会社のぶれない軸になる」

ということ、そして、

「スタッフと同じ方向に向いて走っていける」

ということです。
 
 
これらを強く実感しました。
 
 
 

そもそも経営理念があったら儲かるのか?

経営理念があれば儲かるのか? 企業理念の持つ意味とは
 
 
そこでふと

「そもそも経営理念があったら儲かるのか?」

と思い、調べてみました。
 
  
すると、面白いことが書かれた記事がありました。
 
 
 
「売上が高い企業ほど企業理念がある」

というデータです!
 
 
売上が2.5億円までの会社で理念がある会社は47%
つまり約半分ぐらいの会社だそうです。
 
 
それに対し、売上30億以上の会社で理念がある会社は76%もあるとのこと。
 
そして、経営理念がある会社の経常利益は、
経営理念がない会社の経常利益の1.7倍あるとの検証データがあるそうです。

つまり経営理念がある会社ほど儲かっているということですね。
 
 
 
大手の会社さんの理念がなく倒産した事例として、
よく、ダイエーの名前が挙がります。

もしダイエーに経営理念があったならば、
恐らく流通業の覇者になっていたであろうと。
 
 
経営理念がなかった故にプロ野球球団を買収したり、
ホテルや不動産業にも参入。

本業の範疇を超える多角化を進めていき、
儲かるどころか、
あのような結果になってしまいました。
 
 
 
ダイエーの子会社として出発したコンビニエンスストアのローソンも、
創業時から経営理念が無かったようです。
 
 
 
ローソンは、2000年の上場準備の際に証券会社から指摘されて、
慌てて「お客様の便利な生活」という理念を作りました。
 
 
そして、2002年に三菱商事から社長に就任した新浪剛史氏

「軸もなければ、方向もない」

と言われたようです。
 
 
 
大手企業でさえ、理念はあっても浸透していない会社というのはたくさんある中で、
ましてや、中小企業には理念を軽視する経営者も少なくありません。

 
儲かるかどうかという話の前に、
何のために経営しているのか・・・
軸も判断基準も方向もないのです。
 
 
 
私が思うのは、

何のために経営をしているのか? 
それが、対外的にも社内でも浸透し、

同じ方向に向かって行ける、
同じ軸を持って進むことができるということは、

企業にとっては最高の判断基準になると思います。
そしてそれは経営においては、絶対に必要なものだと思っています。
 
 
 
もしまだ、あなたの会社に経営理念がないのであれば、
是非一度、理念について考えてみて頂きたい!
 
 
そして、理念を通して素敵な、儲かる会社作りをして欲しいと思います。
 
 
 
弊社の理念も、進化させながら進んいきますよ!
 
 
あなたの会社を3S活動で組織改革!
社内改革したい二代目社長様の為の無料個別セミナー

「本気で人材育成したい!」
「本気でコストを削減したい!」
そんな全国の中小企業の経営者様!
ご連絡をお待ちしています!

Smile System Support – 整理整頓から人材育成 –
営業時間:8:00~19:00
定休日:日曜日・祝日
WEBサイト:http://smilehousekeeping.com
ブログ:http://smilehousekeeping.com/blog/
facebookページ:https://facebook.com/osMeisterSmile/
Twitter:https://twitter.com/osmeistersmile

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です