あなたの会社、誰かが「探し物」していませんか?それ危険信号です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`fc2` not found]

整理・整頓・清掃から
社員の「気づく力、考える力、解決する力」が育つ
社内風土作りをサポートする会社 Smile

の上石です。
 
 
 
今日は、
先日お伝えした整頓の5頓

の中の最初の「定位置」

の説明をさせてもらいます♪
 
 
 
会社で探し物をすること、
多かれ少なかれありますよね?
 
 
モノが元通りに戻っていなくて、
探し物で時間を取られてしまって…

探し物 定位置

という経験
あなたにもあると思います。
 
 
 
なぜ「探し物」が起こるのか。
 
 
 
「定位置が決まっていない」

からなんですね。
 
 
 
モノの位置、
なんとな~く
で決まっちゃってませんか?
 
 
  
この、なんとな~くのモノの置き場所、
暗黙の了解で決まっている位置
ではなく、
 
 
すべてのモノを
まずはしっかり定位置を決める
ということを行ってください。
 
 
 
ただし、特定の方しか知らない…
なんてことのないように!

定位置を決めても、共有できていなければ
探し物はなくなりません。
 
 
 
さて
この探し物の時間。
 
 
 
例えば1日10分の探し物をしたとしましょう。
 
 
社員10名が毎日何かしらを
探しているとしたら・・・

10分×10人 = 100分
 
 
それが月に20日出勤だとして

100分×20日で2000分
 
 
それが1年続いたら

2000分×12か月で2400分
 
 
つまり400時間!?
 
 
 
モノを探しているだけの時間が
 
 
つまり
1年間で何も生み出していないのに
人件費がかかっている時間が

400時間…ΣΣヽ(・Д´・゚+。)ェっ‥
 
 
 
 
そしてそんな会社ほど、

忙しい 3S活動 暇がない

と嘆いておられます。
 
 
 
でも、
このムダな400時間
 
 
仮に3S活動の時間に当ててみたと
考えてみてください。
 
 
 
1日10分を
整理・整頓・清掃の時間に替える…
 
 
モノが片付く…

業務が効率化する…
 
 
何よりそういう
風土に変化していきます。
 
 
 
さて、
話が少し反れてしまいましたが…
 
 
 
まずは整理で要らない物を捨てて
スッキリした後は

社員全員で話合って
モノの場所を決めていきましょう!
 
 
 
 
「本気で人材育成したい!」
「本気でコストを削減したい!」
そんな全国の中小企業の経営者様!
ご連絡をお待ちしています!

Smile スマイル-整理整頓から業務改善へ
営業時間:8:00~19:00
定休日:日曜日・祝日
WEBサイト:http://smilehousekeeping.com
ブログ:http://smilehousekeeping.com/blog/
facebookページ:https://facebook.com/osMeisterSmile/
Twitter:https://twitter.com/osmeistersmile

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です