「5S活動が続かない」「組織を変えたい」と悩むリーダー必見!
【限定20名】「絶対に定着させるスマイル式5S活動セミナー」

セミナー

5S活動を浸透させるコツをマスターして、組織を改革してみませんか?

5S活動とは?経営者様に知って頂きたい5Sの意味と「人材育成効果」

LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

知らなかった経営者

 

5S活動には、あなたの会社にとって数え切れないほどたくさんのメリットがあります。

5S活動は単なる「お片付け、お掃除」の活動ではありません。

また、注意喚起を促すだけのスローガンでもありません。

 

5S活動は会社にとっての基礎体力になります。

何事も基礎、つまり土台なしには、本当の意味での上達(成長)はできません。

この5S活動の特徴は、とにかく「徹底する」ところにあります。

 

「気がついたらやる」とか、「気を付けましょう」というような生易しいものではありません。

5つのを、時間、労力、コストをかけて徹底的に実践していく、それが5S活動です。

 

5S活動とは?

5Sのステップアップ

 

5S活動とは、製造業や病院などで取り組まれている職場環境を整える活動で、「整理、整頓、清掃、清潔、しつけ」の5つのS活動のことです。

それぞれの意味合いはこのようになっています。

 

  1. 整理(seiri)
    要るモノと、要らないモノを分類し、要らないものを捨てること
  2. 整頓(seiton)
    要るモノを、誰にでも、すぐに取り出せるようにすること
  3. 清掃(seisou)
    ゴミや汚れがない綺麗な状態を維持すること
  4. 清潔(seiketsu
    3S(整理・整頓・整頓)が維持されている状態
  5. しつけ(shitsuke)
    3Sが定着し、決められたことを守れる風土になっている状態

 

5S活動は、具体的には最初の3項目、整理・整頓・清掃の3S活動を徹底し行います。

 

最初に「整理」を行い、モノを分別し、要らないモノをとことん処分します。

次に「整頓」を行い、モノをより効率的に使えるように配置・収納します。

そして「清掃」で、綺麗な状態を維持できるようにルールを決めて実施していきます。

 

この3Sがしっかり維持できる仕組み(標準化)が出来た状態が「清潔」となります。

そして、全社員がそれを習慣的に無意識に守れるような状態、それが「躾」の状態。

 

このように5S活動は一歩ずつステップアップしながら進んでいきます。

3S活動(5S活動)の「整理」「整頓」「清掃」それぞれのメリット

5S活動を行う意味

 
「5S活動やってます」とおっしゃる会社はたくさんあります。

しかし、「5S活動が必要な本当の理由」を理解せずに行っている会社が多くあります。

 

そういう会社では、「5S活動を行う意味や目的をきっちり説明できる人」がおらず、多くの場合、「ただモノをきれいに片づける活動」になっていたり、「5S活動自体が目的」になっていたりします。

5S活動は手段であって、目的ではありません。

5S活動の目的は、「安全」「効率的」「快適」な職場、つまり働く人にとってより働きやすい環境を作ることです。

 

 

5S活動は、具体的には最初の3S活動「整理・整頓・清掃」を行っていきます。

 

1.「整理」では不要なモノを徹底的に処分し、モノのルールを決めて不要なモノが増えない仕組みを作ります。

2.次に「整頓」では、モノの置き方や量のルールを決め、標示をして誰にでもすぐに使えるようにするなど、常にモノが使いやすい仕組みを作ります。

3.そして「清掃」では、清掃場所や清掃方法、いつ誰が行うなどのルールを決め、綺麗な状態を継続的に維持できる仕組みを作ります。

 

これら「3S」継続的に行っていくことで

  • ケガや労災事故のない「安全な職場」
  • 時間やお金や作業にムダのない「効率的な職場」
  • 心身ともにストレスのない「快適な職場」

これら3つの目的が実現します。
 
これが5S活動の「清潔」の状態(標準化された状態とも言えます)

 

そして、これらの先にあるのが5S活動の真の目的です。

それが「ルールを守れる風土を作ること」です。

 

上記、3S活動で行うことについて書いたように、3Sを徹底するということは「ルールを決め、仕組みを作っていく」ことを徹底するということです。

会社全体でこれ継続的に実践していけば、会社は自ずと「ルールを守れる風土」に変わっていきます。
 
 

これが5S活動の最後の「しつけ」の状態にあたります。

つまり5S活動は社員教育として大きな効果を果たします。

同時に、自ずと商品やサービスの品質が向上にも繋がっていきます。

 

しかし、社員教育として効果は「ルールを守れるようになる」ことだけではありません。

5S活動を効果的に利用すれば、社員の人材育成に大いに役立ちます。

 

5S活動で得られる人材育成としてのメリット

前向きな社員達

 

効果的な5S活動とは、ボトムアップ形式で行う活動です。

社員たちが主体となって、定期的に集まって話し合い、計画を立て、改善活動を行っていくやり方です。

もっとも理想なのは、活動を一部の5S委員だけが行うのではなく、社員全員参加で行うことです。

 

この方法で活動を行っていくと、自然に社員が育ち、人材育成として様々な効果を発揮します。

ここからは、とても重要な5Sの本質ともいうべき人材育成の観点からのメリットについてです。

 

1.「気づく力」が養われる

社員主体で進める5S活動は、まず自分たちの職場の「どこが問題なのか?」を観察することから始まります。
  

  • なぜ乱れているのか?
  • なぜ物が多いのか?
  • なぜそれがそこに置かれているのか?
  • なぜこんなにたくさんあるのか?
  • なぜそれは必要なのか?
  • なぜ清掃していないのか?
  • なぜ非効率なのか?
  • なぜルールが守れないのか?

定期的に自社を俯瞰し、この「なぜ?」を繰り返していくことで、だんだんと細かいとこにで「なぜ?」が及んできます。

するとこれまで気づかなかったことにまで気づくようになってきます。

 

このプロセスで着々と社員の感性が磨かれていきます。

2.PDCAが身に付く

俯瞰で発見した「なぜ?」を集めたら、次に行うのが話し合いです。

全員でそれらの問題を突き詰めて、改善策を話し合います。

 

そして計画を立て、実行します。

 

実行したらそれで終わりではなく、上手くいったかどうかを振返って検証します。

上手くいかなかった場合は「なぜ上手くいかなかったのか?」をまた話し合い、対策を立て、計画し、実行

 

このプロセスを通して自然とPDCAサイクルを体得することができます。

5S活動でこれを学ぶメリットは、失敗しても会社として大した痛手を負わないことです。

 

社員にある程度の権限を持たせて活動させることで、成功体験をさせることができ、モチベーションをさらに高められます。

 

3.自主性が育つ

改善活動を回を重ねるごとに社員たちは

  • どうすればもっと早くなるのか?
  • どうすればもっと楽になるのか?
  • どうすればもっときれいになるのか?
  • どうすれば汚れないのか?

と考えるようになり、「よりよい方法を求めた改善活動」に変わっていきます。

このプロセスを通して、社員たちに自然と問題解決の思考がつき始め、これまでいつも受け身だった社員が、だんだんと自主的に考えて動くようになり、指示待ちだった社員は自ら何かを生み出す人材に変わります。

 

4.ホウレンソウができるようになる

話し合うということを繰り返し経験するとこで、徐々に発言する回数も増え、コミュニケーション不足も解消されます。

報告・連絡・相談もできるようになってきます。

 

また、部署を越えて話し合う機会などを定期的に持つことが出来れば、部署間でのコミュニケーションやホウレンソウまでスムーズになります。

社内の風通しもよくなり、組織全体が活気づいてきます。

 

会社に危機的状況が訪れれば、必ず社員同士が協力し合い、一致団結して問題を解決しようとする風土になってくれます。

 

 

 

5S活動(3S活動)成功のポイント

「5S活動を行っている」という会社でも、実際に伺ってみると「ただの清掃活動」になってしまっている会社を良く見受けます。

それも一部の社員のみが行っていて、「上司は参加していない」ということがよくあります。

 

5S活動(3S活動)は会社全体で計画的に取り組むことがとても重要です。

 

会社全体で計画的に取り組まなければ、人任せになってしまい、単発で終わる可能性が大いにあります。

5S活動が続けられない原因のほとんどはそこにあります。

 

5S活動の成功の秘訣は「全員で話し合ってルールを決める」ことから始めることです。

その為にはしっかり話し合う時間が必要になってきます。

「忙しくてそんな時間がない」と言って、整理整頓を後回しにして仕事を続けていけば、職場環境が悪くなることはあっても、良くなっていくことはありません。

 

5S活動継続の手法「活動報告会」

5Sを継続させる効果的な手法は、定期的に(月一回程度)全員で集まって活動報告する会を開くことです。

各部署での5S活動がどのように進んだか、どんな成果が出たかなど、ビフォオーアフターの社員が入った活動報告資料を作成し、月に1回程度の頻度でお互いにプレゼンし合う機会を作ってください。

 

他部署の活動報告を確認することは、互いに刺激を与え合うことになります。

改善のアイデアが良ければお互いにパクり合うことで水平展開します。

また、負けず嫌いな写真がいれば、対抗心によって活動が活性化します。

 

報告資料の作成自体にも効果があります。

自部署の活動を改めて振り返って確認でき、時間が経てば昔の資料を見て「こんなに変わったんだ」と自分たちの頑張りや成長を改めて実感できます。

 

 

報告会で集まったらお互いに意見し合い、その反省から改善策などを話し合い、次の計画を立てるようにしましょう。

そして実際に活動を行い一ヶ月後に再び報告会を開く。

これを定期開催すれば、自ずとPDCAを身に着けられます。

 

 

まとめ

組織を変えていくには、一人ひとりの「整理・整頓・清掃」という小さな習慣を変えていくことから始まります。

この先、あなたの職場をより働きやすく改善していくためにも、ぜひ5S活動に挑戦してみて下さい。

 

 

5S活動は順番が大事!正しい進め方とその理由について

 

社員一人ひとりが自主的に動く会社を3S活動で実現!
社内改革したい二代目社長様の為の無料個別セミナー
スマイルシステムサポート公式サイトはこちら


「5S活動が続かない」「組織を変えたい」と悩むリーダー必見!
【限定20名】「絶対に定着させるスマイル式5S活動セミナー」

セミナー

5S活動を浸透させるコツをマスターして、組織を改革してみませんか?


社員一人ひとりが自主的に動く会社を3S活動で実現!
社内改革したい二代目社長様の為の無料個別セミナー

5S活動から社員の「考える力」を育てる!
中小企業専門・5S活動コンサルティング

スマイルシステムサポート公式サイト
営業時間:8:00~19:00
定休日:日曜日・祝日
facebook twitter

更新日:

Copyright© スマイル5S通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.